FC2ブログ
2019.03.24 17:41|未分類
3/24も充実した一日だった。

定植して15日が経ったズッキーニの小さな花房。少しずつ大きくなっている。
DSCN47271.jpg DSCN4729.jpg

てごろ菜の芽もきれいに出そろった。大玉白菜が減ってきたので、てごろ菜が売れるようになってきた。
右は水曜日から収穫予定のホウレンソウ。ホウレンソウはまだ安い。昨秋からずっと安値が続いている。
DSCN47341.jpg DSCN47381.jpg

作業場の目の前にある畑では、小ネギとホウレンソウがスクスクと育っている。
 DSCN47211.jpg

午後からはトラクタ練習。昨日の悔しさを畑にぶつけ、スッキリした。快晴の空を見上げ、一晩たった羽生君の心も
この空のように晴れ渡っているといいなぁ、と願わずにはいられなかった。
DSCN47471.jpg DSCN47491.jpg

2019.03.23 21:56|好きなこと
胃の痛い時間が過ぎ去りました・・・。
安堵と悔しさがない交ぜになってますが、安堵の方が大きいです。

羽生君お疲れさま。選手のみなさんも本当にお疲れ様でした。
私も悔しいけれど、ご本人の悔しさはこんなものではないでしょう。
ネイサンは五輪を経験して別のステージに上がっちゃったみたいですね。予想していたこととはいえ、
彼の進化に周りがすっかり置いてけぼりを食ってる印象です。

今年は何となくネイサンの年という気がしていました。もしかして来年くらいまでネイサン無双状態が
続くかもしれません。しかし、羽生君は最後の花道は必ず自分が望む形で飾ってくれるだろうと思います。
その日まで、私達ファンは羽生コースターに乗った事を時々後悔しながら応援するだけです。

さあ、次は国別対抗観戦!それまで大人しく農業に専念することに致します。
2019.03.23 18:42|農業
今年のモロヘイヤの種まき予定日は3/31(日)か、4/1(月)。昨日届いた種は千粒入り1袋が¥308也。
今年は1100株の苗を作るのでだいぶ余ってしまうけれど、これだけ安いと”ま、いっか”と思えてしまう。

DSCN46951.jpg

農家にとって種が安いのは大変ありがたい。小ネギやホウレンソウ、落花生なんかに比べると殆どタダみたいなもんだ。
モロヘイヤはとても強健で、太陽と水と少しの肥料さえあればグングン育ってくれる。栄養価満点で、葉物の少ない夏に
産直場で大変重宝がられる野菜である。

虫害はスリップスと8月のヨトウ虫くらいで、薬剤も他の野菜に比べると散布回数はごく少なくて済むのだが、
病害に関して言えば、昨年は原因のはっきりしない葉ぶくれ症に最後まで悩まされた。そもそもこの症状が病気なのか
生理障害なのかもいまだにわからない。さんざん調べても、はっきりこれが原因というのに突き当たらなかった。
紫外線不足、水分過多、乾燥、高温障害、子のう菌類の一種であるタフリディウム菌が原因という説。

DSCN47181.jpg
国会図書館の資料から葉ぶくれ症の資料を取り寄せてみたけれども、ピンとこず。観察と考察の結果、おそらく紫外線不足
だろうと考えている。そこで今年は潅水できる露地で栽培することにした。それで葉ぶくれ症の原因がはっきりするだろう。
2019.03.22 22:22|料理とパン、お菓子
てごろ菜の味噌汁が美味しくて、朝ご飯の楽しみになってます。具は松山揚げとザク切りのてごろ菜だけの
シンプルなもの。私は、てごろ菜は味噌汁で食べるのが一番好きです。

DSCN46971.jpg DSCN47041.jpg
(左)今晩と明日朝の分がなかったので、慌てて夫に電話をして今日の余りを持って帰ってきてもらいました。
売り場に一日常温で置いてあった商品ですが、採れたてみたいにピカピカです。
(右)夫考案のてごろ菜のキャッチコピー、”焼き肉一番すき焼き二番”。言葉遊びが得意でこういうのはお手の物。

DSCN47091.jpg DSCN47141.jpg
(左)たまにはアスパラを食べようと、今日夕方採ったばかりの分を持ち帰りました。長さは45㎝くらいあります。
(右)さっと湯がいて橙入り醤油マヨネーズで。甘みは芯に近い部分、アスパラらしさを味わうには穂先が一番。
2019.03.22 17:29|農業
小ネギを直播きする予定の畝を手で立てた。このハウスの真ん中の畝は両隣の畝よりも広く、
ロータリーのかけ方もちょっと変則的で、畝の中に出来た大きな溝を手作業で埋めなければならない。

DSCN46791.jpg 
昨日夫がロータリーをかけたままの畝の状態。右寄りにできた溝を鍬と2種類のレーキを使って埋め戻していく。

DSCN46831.jpg DSCN46861.jpg 
(左)鍬で通路の土を溝までかき上げる。これだけでは足りないので畝全体の土をレーキで寄せて溝に落とす。
(右)何度かレーキを畝上で引いたり押したりしながらきれいにならしていく。小ネギを直播きするため、
土の塊や石などを通路に落としてなるべく滑らかにする。

DSCN46881.jpg DSCN46911.jpg
仕上げにレーキでさらにきれいにしならし、チューブを張ってできあがり!ここまで70分で完成。
この畝の手直しは結構な重労働で、最後はTシャツ1枚になって汗をかきながらの作業になった。
疲れたけど、きれいに仕上がった畝に充実感いっぱい。

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR