FC2ブログ
2019.05.26 22:16|農業
今パソコンを打っている私の部屋の温度が29度。5月の熱帯夜はあまり記憶にない。
しかも北海道で39度とは、季節はずれなんて呑気な事を言ってる場合じゃない、非常事態である。
農業を含め屋外で仕事をする我々は、来る夏に備えて念入りに心身を整えておく必要がある。
そうしないと、厳しい夏を乗り越えられない。

私が本格的に夫の農業を手伝い始めた最初の夏の事はよく覚えている。
農業どころか運動すらろくにしたことがない三十路の女が、いきなり真夏に農作業をしようというのだから
推して知るべしである。案の定、暑さと肉体的な疲労で参ってしまい、まったく使い物にならなかった。
今でこそ対処法がわかっているから重症になることはないけれども、最初の頃はしょっちゅう熱中症になり、
重い時はその後遺症を秋口まで引きずったこともある。

農業では多くの事を経験から学ぶが、季節毎の体の整え方や気構えなどは、
経験を重ねながら徐々に身につけてゆくのである。

DSCN54021.jpg

DSCN54051.jpg
小ネギを定植予定のハウスを耕耘する夫。強烈な日差しをまともに浴びると体力を奪われるので、
サングラスをかけ頭からフードをすっぽりかぶっている。
2019.05.25 21:30|農業
土曜日はパートのMさんがお休みにつき、一人でホウレンソウの収穫をしました。

5月って一年で最もさわやかで過ごしやすい季節のはずなのに、今年はちょっと様子が違います。
連日真夏日が続き、朝6時から収穫を始めても7時にはすでに暑さ全開。
鮮度落ちが早いホウレンソウの収穫は、はやる気持ちを抑えながらの作業となります。

とにかく少しでも涼しい場所、日の当たらない場所をと、収穫台車と自分の影でホウレンソウを
日差しから守りながら、収穫を急ぎます。ホウレンソウや小ネギなどの葉物野菜は、冷蔵庫に
しまい終えるまで気が抜けません。傍目には少し神経質なくらいに気を遣います。

DSCN53961.jpg
収穫台車にコンテナを積み上げて影を作り、一緒に移動しながら収穫します。

DSCN53971.jpg
いっぱいになったコンテナはすぐに木陰に持っていき、カバーをかぶせます。風でカバーが
飛ばされないように、洗濯ばさみで何カ所か留めます。

DSCN54001.jpg
5月の初めに定植したモロヘイヤもぼちぼち育ってます。季節はずれの暑さもモロヘイヤには好都合。
昨年ハウスで作った時は、定植後ひと月で摘心できるくらいにまで育ちましたが、今年は露地なので少し遅れそうです。

DSCN53991.jpg
パートのAさんがきれいに除草してくれました。
2019.05.24 18:21|農業
4/29播種のさんぺいねぎを、ハウスに定植した。

苗の生育が予想以上に順調で、播種から24日という異例の速さでの定植となった。
根張りも良く、すこぶる良い苗である。同じ日に播種した培土違いの苗は、ここまで差が
つくものかと思うくらいに生育が停滞しているから、よほど培土が良かったのだろう。

DSCN53941.jpg

本来は二人で分業する定植作業だが、今日は苗のセットとひっぱる役の両方を夫がやってくれて、
私は苗の手直しと簡単な補佐だけで済んだので、すんごく有り難かった。
持つべきものは頼りがいのある夫である。

DSCN53911.jpg
昨日作ったズッキーニとエリンギのオムレツ。凝り性の私は、気に入った料理は短期間に何度も
繰り返し作るのだが、その分飽きるのも早い。典型的な凝り性の飽き性である。
2019.05.23 21:51|日々のこと
自分が経営者の妻となり、一緒に働くようになってから、”従業員にとって社長の奥さんとはどうあるべきか”が
常に頭の片隅を占めるテーマとなった。今までいくつかの個人経営の会社で働き、社長の奥さんをいろいろ
見てきて思うことは、一緒に働く従業員にとって社長の奥さんは、時として社長以上に気を遣う相手だということ。
私がそうだったし、周りを見渡しても確かにそういう雰囲気があった。

私が知っている社長の奥さんにそれほどおかしな人はいなかったけれども、一緒に仕事をしやすい人、
逆に気を遣って疲れる人というのはあった。その中で私の理想の社長の奥さんは、M商店の奥さん。
3人の子育てをしながら、ワンマンで癇癪持ちの社長を上手にあやしつつ経理を一手に引き受けていた。
なにせあの社長だからご苦労も多かったろうとお察しするが、元々のんびりとした気質だったのだろう、
全然ピリピリした雰囲気のない方だった。

私が目指す社長の奥さん像はまだまだ模索中。私はM商店の奥さんのように大らかにはなれないが、
仕事においてはプロフェッショナルでありたいと思っている。その上で、従業員が仕事をしやすい環境を
整えることも大事な仕事のひとつとして頑張りたい。と言いつつも、そこは気配りの達人である夫任せに
なってしまうのだろうな、と思っている自分もいる。

多分夫からは、気配りなんて慣れないことせんでええから、アンタはネギ作りを頑張んなさい、
と言われるのがオチだろうけど。

2019.05.22 21:34|料理とパン、お菓子
おやつにどうぞとお出ししたパンが美味しかった、と研修生のMさんからとても喜んでもらったので、
私達がおやつに食べているパンの作り方をご紹介します。研修生のおやつ用に長年作っていたものを
今年に入って復活させました。ずっと同じ味と形ですが、不思議と飽きないパンです。

生地作りはHB任せだし、手をかけている時間は正味1時間ないくらい簡単です。
HBで生地をこねた後に発酵機能で6時間ほど一次発酵させ、ガス抜きをした生地を
家に持ち帰って成形し、焼き上げています。

材料は、
   国産強力粉200㌘
   水130㌘
   天然酵母20㌘
   スキムミルク18㌘
   ショートニング15㌘
   砂糖13㌘
   塩3㌘
   
アーモンドクリームはキリ良く卵1個と同量の砂糖、アーモンドパウダー、バターで作っています。
柔らかくしたバターに砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜたら、卵(室温)、アーモンドパウダー、
インスタントコーヒー液大さじ1を順に加えて混ぜます。最後にクルミを加えて出来上がり。
この分量で2回分です。卵を一度に加えると分離しやすいので、私は卵とアーモンドパウダーを
同時に加えますが、もし分離しても味に影響はありません。

DSCN53841.jpg
生地を6分割し、30分ベンチタイム。

DSCN53851.jpg
二次発酵が終わった状態。アーモンドクリームを絞って170度のオーブンで30分焼きます。

DSCN53871.jpg
一次発酵が成否を分けます。うまくいくと、よく釜伸びして美味しいパンになります。
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR