FC2ブログ
2022.01.16 18:32|農業
今年は冬らしい冬と言うか、ラニーニャで日本全国冷えてますね。
福岡でもいつになく霜が降りる日が多く、おかげでホウレンソウは随分甘くなりました。
ハウスのてごろ菜も寒さの恩恵を受けて糖度が上がっていますし、虫も例年に比べて少ない気がします。

以上は寒冬によるメリットですが、デメリットもあります。まずは何と言っても収穫作業が辛いこと。
うちの場合で言うと、露地ホウレンソウの収穫は寒さとのたたかいと言っても過言ではありません。

放射冷却の朝、日の射さない曇りの日、北寄りの風が強く吹く日などは、寒さを通り越して痛みすら感じます。
そういう大変な思いをして収穫した野菜であっても、私達が納得できる値段がつけられるとは限りません。
むしろ、”なんでこんな安く売らないといけないのか”と忸怩たる思いで値付けをしている場合がほとんどです。

収穫作業をして頂いているパートさん達には申し訳ない気持ちが常にあります。
今日も小雨の降る中の収穫作業でした。働き手の労働環境をもっと快適に整える必要があると感じます。
そうして、消費者のみなさんも野菜に安さだけを求めるのではなく、農業の現実を知って頂きたい。
そのためには私達生産者が積極的に情報発信をし、啓蒙活動をする必要があると思っています。

幸いなことに現代はSNSをはじめ様々な情報発信手段があります。
永香農園でもインスタを始めてひと月半が経ちますが、いながらにして全国の農家さんや消費者の方と
自在につながることができるなんて、便利な時代になったものだなぁと改めて驚きます。
九州の農家とオホーツク沿岸の農家がリアルタイムでつながって、互いに刺激を受け発奮する。
そうする中で、日本の農家が抱える共通の課題も見えてきました。

SNSを通じて生産者と消費者が日本の農業の問題点を共有し、解決に向けて互いに協力できるようになれば理想ですね。
そのためにはまず、私達が影響力のある農家にならねばならないと感じています。
これからは、農家も野菜作りに長けているだけでは生き残れなくなる時代がくるかもしれません。
2022.01.13 22:07|料理とパン、お菓子
夫がふれあい広場でイチゴを買ってきてくれた。
この美しいイチゴを育てたのは、役員として組合長の夫を2年間支えてくれた方である。
まだ若い女性ということだけれど、とても美味しいイチゴだ。品種はあまおう。
きゃー、ツヤツヤと輝いてまるで赤い宝石みたい。

卵も、夫が勧誘してふれあいに出荷することになったという卵農家さんのもの。
近頃はやけに毒々しいオレンジ色をした黄身の卵があるけれど、この卵は自然な黄色をしている。
白身がもりあがっているのは新鮮な証拠。美味しいロールケーキができそう。

DSC06851.jpg
素焚糖で作ったらスポンジがこんな色になった。よしよし、今日も美味しくできたぞ。グランマニエもキルシュも
切らしてしまって、今日のクリームはリキュールなし。リキュールがないと物足りないかなと思ったけれど、
生クリームの味を直球で舌に感じる。うんうん、これも捨てがたい味だ。
甘酸っぱいイチゴ入りのロールケーキはとっても美味しかった。

IMG_20220113_164358.jpg IMG_20220113_183841.jpg IMG_20220113_170046.jpg
イチゴ8粒入りで700円也。一粒100円弱かぁ。うん、高い!でも美味しいからいいか。
2022.01.11 21:33|好きなこと
去年のうちに二匹とも無事に去勢手術を終えることができ、まずは一安心。今は元気に走り回っています。
つんつるてんだったタマタマにもお毛毛が生えそろってきました。その、すっかり小さくなって
しまったタマタマを見ると少し寂しい気もいたします。

しかし、これで発情期のストレスから解放され、メスをめぐる喧嘩に巻き込まれる心配はなくなりました。
縄張り争いや餌の取り合いなどで喧嘩をふっかけられる可能性はありますので、お坊ちゃま育ちで
喧嘩にはからっきし弱い二匹がドラ猫にどつかれやしないかと、それだけが心配です。

IMG_20220106_163037.jpg IMG_20220106_163516.jpg IMG_20220106_163853.jpg
(真ん中)ハンサムなマロ。性格は落ち着いていてクールです。
(右)鼻の頭にいっつもカサブタをこしらえているキィちゃん。臆病だけど愛嬌があってとぼけた性格です。

IMG_20220106_163824.jpg IMG_20220106_164448.jpg IMG_20220106_163614.jpg
(左)カメラ目線のマロ。(中)耳たぶから毛がはみ出ているキィちゃんの耳と、耳たぶに毛が収まっているマロの耳(右)。

勝手に『猫耳の法則』と呼んでいるのですが、耳たぶから毛がはみ出ている猫は愛嬌のある性格の子が多い気がします。
私の最愛の猫ネギもそうでしたし、タロ、キィちゃんもそうです。だから私は耳毛がふさふさしている猫に惹かれてしまうのです。
私の長年の考察に基づいたこの説、猫好きのみなさんはどう思われますか?ご意見お待ちしております。
2022.01.11 13:05|好きなこと
正月休みの期間中に観た映画6本すべて、ヨーロッパを舞台にしたものでした。
うちデンマーク映画が2本、スウェーデンが舞台の作品が1本。
意図してアメリカ映画を避けたわけではないのですが、なんとなくそうなってしまいました。

ハリウッド映画の登場人物って、なんかワンパターンで飽きてくるんですよね。
たいていオーバーリアクションだし感情の起伏も激しくて。

そんな時、お口直しに的によその国の映画を観ると色々な発見があって面白いです。
俳優さんも初めて見る人ばかり。国民性も様々なら生活様式や風土もまったく違う。
あまりにも価値観が違いすぎるとそれが違和感につながって見続けるのが難しい場合もありますが、
逆にそれが新鮮に映って物語にスッと入り込める場合があります。今回も両方ありました。

「ソフィーの選択」・・・メリル・ストリープがホロコーストを生き抜いたポーランド人の女性を熱演し、2度目のオスカーを受賞した作品。
             物語が進むにつれ彼女の衝撃的な過去が徐々に明らかになっていく。演技は文句なく上手なんだろうけど、
             メリルストリープの演技に食傷気味だもんでイマイチ入りきれなかった。

「ANNA」・・毎度おなじみリュック・ベッソンの女殺し屋もの。またぁ?と思うが今回は特にヒロインが華奢すぎて殺し屋の説得力皆無。
       ゲイをオープンにしているルーク・エヴァンスとヒロインのラブシーンが気になってどうしようもなかった。
       傑作「ニキータ」を超えるのは難しいのかな。

「家へ帰ろう」・・・アルゼンチンで暮らすホロコーストの生き残りのユダヤ人が、命の恩人が暮らす生まれ故郷のポーランドへ
          人生最後の旅をする。「ドイツを通らずにポーランドに行きたい」とゴネて回りを困らせる場面では思わずイライラ。 
          確かに大変な思いをしたんだろうけど、ちょっと被害者意識が強すぎるんじゃないの?と思ってしまった。
          
「蜘蛛の巣を払う女」・・・「ドラゴンタトゥーの女」を題材にした映画。スウェーデンが舞台の映画って初めてかも。凍った湖の上を
              バイクで逃げる場面では、スウェーデンってとてつもなく寒いんだなぁ、と妙に感動。国は違えど、
              北国の人は物静かで忍耐強い。

「バベットの晩餐会」・・・デンマークの名作古典映画。19世紀のデンマーク、ユトランド半島の寒村に母国フランスを革命の余波で追われた
             一流レストランの女性シェフ、バベットが逃れてくる。彼女を雇うことになった神父の娘達の暮らしぶりは清貧の
             一言に尽きるが、彼らは不思議と不幸そうには見えない。『人は死ぬ時には与えたものだけが残る』
             それを実践し続けた姉妹とバベットの心温まる交流の物語。

「特捜部Q-Pからのメッセージ」・・・デンマークの人気ミステリー小説の映画化。時に人間を愚かな行為へ走らせる信仰。
                 カルト宗教、悪魔崇拝、古典宗教に対して、宗教は必要か、信教は人間を救済できるのか
                 という難しい問いを投げかける。

ヨーロッパ映画を観ていて感じるのは、ナチスが落とした影の大きさです。
昭和を戦争抜きでは語れないように、あの時代を生きた人々にとっては忘れたくても忘れられない出来事なのだと感じます。
ドイツの人々は、いまだに取り憑いて離れないヒトラーの亡霊をどのように受け止めているんだろうとふと思いました。
こんなこと書くとなに他人事みたいに言ってんの、と大陸の方からヤジが飛んできそうですね。くわばらくわばら。
2022.01.06 21:38|日々のこと
休みが明けたらエンジン全開だぜぃと息巻いてたんですが、一週間も怠惰に過ごすとエンジンがかかるまでに
時間がかかっていかんです。てごろ菜も採らんといけんのに、今日もほぼ小ネギの調整だけで終わってしまいました・・・。

なんか調子が出ないのは胃の不調もありまして。
正月に雑煮とおはぎに胃をやられてからなるべく胃に優しいものを食べるようにしていたんですけど、
昨日の宅配弁当のレトルトハンバーグでまた胃がおかしくなってしまいました。
手作りの味が売りだったこのお弁当屋さんとは10年近い付き合いでしたが、
去年からレトルト品が急に増えて味が目に見えて落ちちゃったんですよね。

ガソリン代も高止まりだし、経費削減のために仕方なかったのかもしれませんが
味を落とすくらいなら値上げして味を維持して欲しかった!
たぶんレトルト品を多用し出してから相当お客を減らしてしまったんではないかと思います。
食べ物商売では値段よりも何よりも味が一番大切で、味でリピーターをガッチリ掴むことが肝なんだなと改めて思った次第です。
私達もそこは絶対に忘れないようにしないといけないと、他人様の商売を見て思いました。

レトルト食品を筆頭にスナック菓子や辛いものなど、若い頃は問題なく食べられたものを体が受け付けなくなりました。
宇野千代さんが、食べ物はあぁ美味しいあぁ美味しいと念じながら食べないと栄養にならないと仰ってましたが、
確かに心の中で不味いなぁとか体に悪そうとか思いながら食べると、胃がそれを敏感に察知して消化不良を起こすんですよね。
加齢と共に体に害になりそうな食べものを胃が拒否するようになって、必然素性の知れたもの中心の食生活になってきました。
人間の体はうまいこと出来てるなと思います。
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR