FC2ブログ
2019.11.21 18:51|好きなこと
今、アマゾンプライムで視聴できる『シカゴ・ファイア』というドラマにハマっている。
つい先日までは、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』という吸血鬼ものの青春ドラマに入れ込んでいた。
古いところだと、伝説の超大河ドラマ『ダラス』とか、『ビバヒル』も好きでよく見てはいたのだが、
もう長いこと海外ドラマからは遠ざかっていた。アマゾンプライムのおかげでTVのない我が家でも
こうして映画やドラマを楽しむことができるのは有り難いことだ。

海外ドラマ好きの私だけれども、韓流ドラマには興味がない。映画やドラマを見てしばし非現実的な世界に
浸りたい私としては、身近すぎる韓国ドラマには何の魅力も感じないのだ。

そういう意味では、日本とは俳優の演技力も舞台装置も桁違いにゴージャスなアメリカのそれは、
自分の中にある夢見る少女の欲求を満たしてくれる、最も身近で贅沢な娯楽なのである。
アメリカの映画やドラマを見ていて、つくづく日本とは豊かさのレベルが違うことを痛感させられる。
世界第三位の経済大国だと言ったところで、庶民の生活は十位以内に入ればいいとこだろう。

映画やTVドラマにおいてアメリカと日本の差が最も感じられる点は、俳優の演技力だと思う。
大手芸能事務所が存在しないアメリカでは、俳優はいわばそれぞれが個人事業主のようなもの。
世界中から成功を夢見る人間が集まるアメリカで、スターになれるのはほんの一握りである。
そういう熾烈な競争を勝ち抜くには運や容姿はもちろんのこと、実力がないとまず話にならない。
日本のように事務所の力で仕事が転がり込んでくるほど甘い世界ではないのだ。

アメリカの強みは、世界中からアメリカに憧れ渡ってくる人々が後を絶たないことだ。
少子高齢化の進む日本とは対照的に、新陳代謝が活発なアメリカは常に若い国なのである。
2019.11.20 20:34|料理とパン、お菓子
今年の秋作ホウレンソウの初試食です。先に播いた露地よりもハウスが先に採れ始めました。
露地に比べて軟弱で甘みもあまり出ないハウスものですが、見た目はきれいです。

DSCN69801.jpg
うちではホウレンソウはだいたい炒め物にして、エグミがないか確かめるようにしています。
品種はハンター。口の中にかすかにざらつきが残りますが、エグいというほどではありませんでした。
ほのかな甘みも感じられますし、味はまずまず。じき採れる露地ホウレンソウはもっと美味しいはずです。

エグミの原因のひとつに化成肥料の多用があります。昨年肥切れして尿素を追肥した後のホウレンソウは
エグくて食えたものではありませんでした。それ以来、うちでは小ネギもホウレンソウもぼかしと有機肥料を
中心とした施肥を行い、追肥も極力しないようにしています。
2019.11.20 17:37|好きなこと
私も報道が出始めた時は、てっきり別のコーチだと思っていました。
聞くところによると関大には高橋大輔閥があるらしいですから。
まさかあの一見優しそうな濱田コーチとは・・・。

濱田コーチって、一時は日本のエテリなんて呼び声もあったくらい、今の日本のフィギュア界では
最も旬なコーチです。世界を取った事はないけれども、超有望株の紀平梨花ちゃんや宮原選手を擁する
今をときめくチーム濱田のドン。太田由希奈さんを指導していた頃は、選手がジャンプを決めるたびに
奇声をあげて喜ぶ変わったコーチ、程度の印象しかなかったですけども。

フィギュアファンの間では織田君擁護の声が大きいようですが、私はこれまでの
織田君の行動を振り返れば彼にも大いに脇の甘さがあったんじゃないかと思っています。

モロゾフにコーチを変更した時も、まずは高橋大輔に話を通すべきだったのにそれを怠ったがために、
高橋大輔はモロゾフと織田君への不信感からモロゾフの元を去ったということもありました。飲酒運転もありました。
出来ちゃった婚をする直前の世選で、彼女から『妊娠しちゃった』と告げられた精神的な動揺(たぶん)から
SPで大コケしてフリーに進めなかったりということもありました。自分では精神的に弱くはないと言ってましたが、
それもどうかな、と思っています。

今回の件も、濱田コーチよりも上の役で迎え入れられたとはいえ、自分よりも在籍期間が長いかなり年上の
指導者がいる以上、その人の頭越しに物事を変えようとするのはやはりいかんでしょう。モラハラ云々以前に、
これは社会人としての一般常識の問題だと思います。社会人たるもの、いくら自分の方が役職が上であっても、
目上の人や先輩に対してはまずはその人を立てることが大事なのであります(キリッ)!ってどの口が言う

フィギュア界という特殊な世界しか知らず、会社勤めの経験もないまま芸能界入りした織田君を責めるのは
酷ですが、これは親御さんやまわりの人が教えてあげるべき事だったという気がします。
モラハラは言語道断ですけども、今回は織田君が物事には順序があるということを
よく理解できていなかった事から起きた、不運な出来事だったのではないでしょうか。

子供が四人もいる父親なのだし、もう三十過ぎたいい大人なのだから、
いつまでもビービー泣いててどうするんや!しっかりせい!と言ってあげたいです。
2019.11.19 13:57|日々のこと
依存症になりやすい体質というのがあるらしい。
一口に依存症といっても薬物、アルコール、ギャンブル、ニコチン、買い物など様々だけれど、
最も身近なものといえばやはりアルコールとニコチンだろう。

昔に比べれば目に見えて減った喫煙者だが、今も多くの訪日外国人が我が国の喫煙者の多さに驚くという。
それでも、紫煙立ちこめる職場で我慢を強いられていた昔と、分煙の進んだ現代では隔世の感がある。
私の父もかつてはヘビースモーカーだった。タバコが大嫌いだった私は高校生の時、図書館で
『バイバイスモーキング』という本を借りてきて父にたばこの害を切々と訴えた結果、半年後に父はタバコを
すっぱり辞めることに成功した。父が止められたのは、父の意志が人並み外れて強かったとかではなく、
自分でも止めたい気持ちがあったのだろうと思う。何事も本人にその気がないとスタートラインにも立てない。

毎日晩酌を欠かさない日本人男性は、飲酒が禁忌のイスラム教徒などから見ると、ほとんどアル中にしか
見えないらしい。日本は世界の中でも飲酒やそれにかかわるマナーを大目に見てしまう雰囲気があるけれど、
酒を飲まない人間から見れば、へべれけになって醜態をさらす酔っ払いほど見苦しいものはない。

リンボウ先生として有名な作家の林望氏も、著書の中で繰り返し酒飲みの節操のなさに愚痴をこぼしている。
アルコールを受け付けない体質にもかかわらず、大学時代に所属した体育会系の部活動の飲み会で、
さんざん飲酒を強要され血反吐を吐く思いをされたとのことで、酒と酒飲みに対しては恨み骨髄といっても
良いくらいのものがあるようである。

それはさておき。アル中については、私の実家の近所にアルコール依存症の人がいたので何となくわかる。
その人は50代くらいの主婦で、肝臓を患った人に特有の赤黒い顔をして手を震わせ、いつも酔っていた。
ご主人はまじめな勤め人だったけれど、自分の妻にお金を持たせるとすぐ酒を買いに行ってしまうため
家にお金を置いていないということだった。それなのにその奥さんはどこかから酒を調達してきては近所を
徘徊してろれつの回らない舌で話しかけ、みんなに煙たがられていた。もしかしてうちにもお金か酒の
無心にきていたかもしれない。飲み過ぎて死にかけ、救急車で運ばれたこともある。そういう妻を見放さない
旦那さんは立派だなと子供心にも思っていたけれども、いずれにせよ悲惨な話である。

うちの家族は両親と姉が酒好き、私と妹はほとんど飲まない。タバコも同様で、止めた父は別として母と姉は
いまだに喫煙者である。こうしてみると、何かに依存しやすい性格というか、体質というものが存在するのかなと思う。
実際、医療関係者の方が言うには、薬中もアル中も立派な病気であり、依存症になりやすい人というのが
一定数存在するとのことだった。

しかし、薬物中毒者の話を見聞きするたびに、自分の人生を薬や酒に支配される依存症は実に深刻な病だと思う。
それが自分の人生を破滅させるかもしれないものだとわかっていながら止められない辛さたるや、想像もできない。

幸いにも私は依存症とは縁遠い人間で、酒やたばこ、ギャンブルその他諸々を含めて何かに依存した経験がない。
強いてあげればネコ中かなという気はするが、ネコ中は大してお金もかからないし、私の心に安らぎを与えてくれるしで、
良いことずくめの依存症であるから、この先も足は洗わないつもりだ。
2019.11.18 22:24|日々のこと
10年来の悩みの種に決着をつける覚悟ができた。
そうした方がいいのはわかっているのに、うまくできないがゆえに強いストレスを感じ続けていた事。
悩みすぎて定期的に体調を崩し、しまいには夢にまで見る始末。こんな事もできない自分はダメなヤツだ、
でも本心はしたくない、と10年以上開き直りと自責の無限ループを繰り返してきた。

今まではとにかくそうしなければ、という事から思考がスタートしていたのだけれど、
やらないことでどういう影響があるのかを改めて考えてみた。もちろん仕事をする上で多少の
影響はあるかもしれないけれど、支障が出るほどではないことは想像がついた。

じゃあ、無理してやらなくてもいいんじゃない?と初めて思えた。だってやりたくないんでしょ?
自分でもわかっているのだ。感情を抑え込んでイヤイヤやったところで、良い結果は出ないってことが。

じゃあ、やめよう!迷わずきっぱりと。そう決めたら気持ちがスッと軽くなった。
短い人生だもの、嫌なことよりも好きなことにエネルギーを使いたい。
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR