FC2ブログ
2018.12.04 10:59|日々のこと
暖かすぎる。暖かい上に強風だ。

気温が高くて風が強いというのは、小ネギ農家が一番嫌う気象条件である。
小ネギは強風に当たっても、高温で蒸し込まれても倒伏してしまう。なるだけ風の影響が少ないように、
慎重にハウスを開けねばならない。だから、私が天気予報で真っ先にチェックするのは風向きである。
前夜に翌日の風向きを頭に入れておき、常に方位磁石を持ち歩いて風向きの変化に気を配っている。

DSCN34251.jpg

明後日からは真冬の天気になるらしい。待ちに待った寒さの到来ではあるが、こうも変化が激しいと体調管理が大変である。

2018.12.04 09:25|農業
永香農園の卒業生、米澤さんの記事を見つけたので、少し前の記事ですがリンクを貼らせてもらいます。

とても良いインタビューです。特に青年就農給付金制度についてのくだりは、「その通り!」と思わず膝を打ちました。

「楽をすれば苦労が先延ばしになるだけですので、給付金には頼りすぎない方がいい」

私達の周りでも何人かが受給したという話を聞きましたが、これをもらって上昇気流に乗った人を知りません。
それどころか運気が下降していく人の方が圧倒的に多かったです。所詮こういうあぶく銭は、自分で汗水垂らして
稼いだお金ではないので、浪費したりして何に遣ったかわからないうちに消えて無くなるものと決まっています。
タダより高いものはないのです。

九州のワクワク掘り起こし中!アナバナ 早良区内野の生姜農家「山の農園」
https://anaba-na.com/crossfukuoka/uchino.html

何年も前、うちがまだ無農薬でやっていた時の話。
あの頃は人を雇う余裕がなく、就農希望の研修生を募って農業を教えながら農作業を手伝ってもらっていました。
当時は永香自然農園の名前で夫がHPからさかんに情報を発信していた時期で、色んな媒体からの取材申し込みが
頻繁にありました。確か米澤さんもそういうのを見て応募してきたのではなかったかと思います。

九州大学を卒業し、IT関連企業の役員を務めているということで、面接にも自作の資料を持参し、慣れた様子でプレゼンを披露。
そんな事をする研修希望者は初めてだったので、すごい人が来たと思ったものです。

うちを卒業後はとんとん拍子に農地が見つかり、一年足らずで就農。普通、就農までこれほどスムーズにいく事は
滅多にないので、そこはやはり米澤さんの頭の良さと行動力の賜だと思います。

それに、とにかく明るくて人懐っこいんです。だから自然と周りに人が集まってくるんでしょうね。

永香農園ではとっくに生姜はやめてしまいましたが、うちで学んだ生姜をずっと作り続けている事が純粋に嬉しいです。
奥様が手がける加工品も人気みたいですし、永香農園卒業生の貴重な成功例として、今後も頑張って欲しいです。
こりゃあ、うちも負けてらんないっすね!!

2.jpg
前列、青のつなぎは米澤さんの友人の宮本さん。後列向かって左から米澤さん、高瀬さん、私、夫。私達以外は研修生。
かれこれ10年近く前の生姜作付け準備の様子。みんな若い!

永香農園では、随時パート・アルバイトを募集中です。農業に興味のある方なら尚歓迎!
詳しくは右のカテゴリ”農業の求人”記事をごらん下さい。


11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR