FC2ブログ
2018.12.06 20:47|農業
今年の秋冬露地ホウレンソウは、来年の作付け拡大にに向けて多くの課題が残りました。
自分の未熟さ、読みと詰めの甘さを痛感しました。来年こそは!

永香農園のホウレンソウ栽培は、チェーンポットで育苗した苗を定植するという、普通の農家なら絶対しない方法でここ数年
やってきました。ホウレンソウを定植するというと他の生産者は一様に驚きます。なぜ定植か?直播きだと上手く
発芽させられなかっただけなんです。

今年の春からはコスト削減と手間の軽減のためにシーダーテープを導入。今秋からは直播きも試しています。

3通りの方法それぞれに一長一短あります。
定植は草の管理がしやすいし、収穫までの日数も短縮できる。ただし水やりの手間と紙筒などのコストがかさむ。
シーダー播種は株間と粒数が自由に決められるのが一番の利点ですが、シーダー加工賃が割高なのと、
雨の直前に播種しないと発芽がうまくいかないので、播種のタイミングが難しい。
直播きはコストも手間も一番負担が少ない代わり、株間と粒数の微調整ができない。

来年はシーダーテープと直播きを条件によって使い分けるのがいいかなと思っています。

DSCN34291.jpg

水菜と小ネギが空いた後のハウスに播種予定のホウレンソウ種4種。長崎県佐世保の種苗店、
市川種苗の店長おすすめの冬まき品種。野菜作りを応援したいという熱意と心意気が伝わってくるお店。
こちらの店長が推薦する品種はハズレがなく、安心して使える。
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR