FC2ブログ
2019.02.16 06:04|好きなこと
不慮の事故で亡くなられた洋菓子研究家、加藤久美子先生のレシピです。
1996年の3分クッキング掲載。加藤久美子先生のお菓子は材料の分量が細かくて
作るのは結構大変なんですが、手間をかけただけの甲斐のあるお菓子が出来ます。

道半ばで亡くなられたのは本当に残念です。お菓子作りに向かう姿勢に、
弓田亨先生のような求道者の雰囲気を感じさせる先生でした。

パン・ド・ショコラは、作り方はほぼ通常のガトーショコラと同じですが、焼き方に大きな違いがあります。
型の上からすっぽりアルミホイルをかぶせ、天板にお湯を張り、そこへお湯を張ったバットに入れた
ケーキを入れて二重の湯煎で焼きます。焼き菓子と生チョコの中間のような、とてもしっとりとなめらかな
食感のケーキになります。

あまりチョコレートが好きでない私が、このパン・ド・ショコラだけは例外でよく作りました。
人に差し上げてもすごく喜ばれるお菓子で、その口溶けの良さとしっとり感にみなさん驚かれるようです。
一度大失敗したことがありまして、これを夏に作って室温に置いといたら、翌日切った時になんと生地が
糸を引いていたのです!ショックでした・・・。湯煎焼きで、蓋をしたままゆっくり冷ますので普通のケーキよりも
傷みやすいのに、そこを全然考えてなかったんでしょうね。あれは今でもトラウマです。

DSCN40861.jpg DSCN41411.jpg

ちょっと写真を載せるのに躊躇する不細工なケーキになってしまいましたぁ!でも加藤久美子先生の
レシピですから味は美味しかったです。失敗の原因はメレンゲとチョコ生地の混ぜ具合でしょうなぁ。
あと、言い訳になってしまいますが、これはバレンタインに夫にあげる用に作ったので、無意識のうちに
雑な作り方をしてしまったのかもしれません。

加藤久美子先生のレシピは、3分クッキングのHP上で今でも見ることができます。先生の元で学ばれたお弟子さん達が
全国で加藤久美子先生のお菓子の素晴らしさを伝えていきたいと、頑張っていらっしゃるようです。
2019.02.15 16:46|農業
ホームベーカリーで催芽挑戦中のズッキーニ。催芽開始から24時間で緑品種はほぼ発根。
黄色品種はまだ1個も出ていない。
DSCN41471.jpg DSCN41541.jpg

明日緑品種は9㎝ポットに播種し、温床育苗開始。黄色品種はあとどれくらいで出てくれるだろうか。
2019.02.14 06:51|農業
黄色ズッキーニの種が届き、ようやく緑と黄色が揃った。トンネル早熟栽培で1月末播種、半促成栽培だと
2月中旬~下旬播種。初挑戦の今年は、育苗期間の短いハウス利用の半促成栽培でいくことにした。

ズッキーニの発芽適温は25~30℃。当然今の時期だと温床育苗。しかし催芽処理をせずに播種すると、
電熱温床でも発芽にムラが出ることはモロヘイヤの育苗で体験済み。やはりここは催芽をした方が確実だろう。
現代農業3月号に寄せられている農家の皆さんの夏野菜催芽方法に習えば、風呂の残り湯に浸ける、
電気ポットの胴体に巻く、腹巻きで自分の胴体に巻く、炊飯器の上に置く、などの方法がある。

炊飯器も電気ポットもない我が家。しばし頭を巡らせ、はたと閃いた。そういえば、発芽適温の25~30℃に
調節できる催芽にうってつけの家電があるではないか。ホームベーカーリーの生種おこし機能がちょうど
それくらいの温度設定だったはず。メーカーに確認すると、「企業秘密なので正確な温度はお教えできませんが、
30℃から28℃の間です」
とのこと。心の中で、”企業秘密ともったいつけるほどのことか?”とツッコミを入れる。
これで催芽器はOK。初めてのこととて多少の不安はあるものの、風呂の残り湯や腹巻きよりは確実だろう。

根がちょこっと出てきたところで9㎝ポリポットに播種。75穴もしくは50穴のセルトレーに播種後、
ポリポットに鉢上げする方法もあるが、なるべく手間を省きたいので今回は9㎝ポリポットに播種。

また、播種時期の留意点として、低温期には雌花が先に着生・開花するので、半促成では雌花のみが
開花し、受粉できないことがあると。栽培本数の1割程度を1週間早く播種・定植しておくことも、
雄花を確保するひとつの方法であるとのこと。

まずは上の段取り通りに確実に発芽させること。そこでようやく第一段階クリアである。
2019.02.13 19:17|農業
昨日、懇意にしている種屋に注文の電話をかけた。

うちでは毎年この種屋を通して長ネギ用の培土「ガッチリ君」を40袋ほど購入していたのだが、
「今年は培土どうします?」と言う種屋に、昨年失敗して懲りたので、今年から長ネギはゼロにするから
培土は不要になった事を伝えた。

この種屋の担当営業マンは、長ネギの育苗時期にうちの育苗ハウスを何度も訪れており、多い年には
500枚近くの長ネギ苗が並ぶ壮観な様を目にしている。あんなに熱心に取り組んでいたのになんで?
という種屋の疑問が電話越しにも伝わってきた。失敗の原因を踏み込んできかれたので、幾度かのドカ雨と
干ばつで最終的に全体の半分以上の苗が消えてしまったことを打ち明けた。

「・・・それは、ほぼ立枯れでしょうね。消毒はしたんですか?」
「殺菌剤の散布は定期的にしてました」
「いえ、定植前の土壌消毒ですよ。ピクリンとか」
「土壌消毒はしたことないんです。ピクリンはちょっと怖いし・・・」
「片岡さん、それじゃあ絶対立ち枯れが出ますって!なんで私達がわざわざ種子消毒してると思います?
 培土は別としても普通の環境では畑の土が無菌ということはあり得ないんです。土壌消毒してない土だと、
 雨が降ればそいつらが悪さして立ち枯れが発生するんですよ」

「そうなんですか?調べたらチャガラシが緑肥としては燻蒸効果があるらしいから、
 それで何とかって思ってるんですけどね」

「いーや、それじゃあ限界があります。苗作りは問題ないんだから、作物関係なくタチガレンとかピクリン
 したら劇的に良くなるはずですよ。普及所か農協に行って一度相談してみるといいですよ」


注文の電話で思いがけず説教を食らってしまった。いやいや、説教ではなくアドバイスだな。
しかしピクリンはやっぱり怖い。まだバスアミドの方がましそうだけれど、う~ん。

ハウス小ネギのボトリチス、落花生の褐斑病、ニンニクの根腐れにホウレンソウの立枯れ、どれも
土壌病害だ。出来る範囲で手は尽くしてきたが、いまだに決定的な対処法を見いだせていない。

やはり殺菌剤の茎葉散布と耕種的防除だけでは限界があるのだろうか。
考えさせられる種屋との会話だった。
2019.02.13 06:36|日々のこと
長崎市の転出超過 初の全国ワースト1位 なぜ?

長崎市出身者として、ちょっと悲しくなってしまうニュース。
コメント欄でも、長崎出身の方が様々な提言・苦言を呈しているが、その多くが半ば諦念した感じの意見だった。

長崎は長年三重苦にあえいでいる。
三重苦とはすなわち仕事がない、給料が安い、家賃や駐車場代がべらぼうに高い、の3つである。、
なにしろ平地が極端に少なく土地代が高いから、どうしたって家賃や駐車場代はつり上がる。
車はおろかバイクも通れない狭い道が複雑に入り組んでおり、運搬にコストがかかるためかわからないが、
街の規模に比してガソリンや食品などの物価も割高に感じる。安月給なのに生活費は都会並みという
アンバランスが、市民の生活を圧迫している。

私は二十歳の時に家を出て、12年間長崎市内で一人暮らしをしていた。地元に残った同級生は結婚まで
親元で生活するのが当たり前で、地元なのに一人暮らしをしていると話すと、たいてい周りからは、
”親も同じ市内に住んどっとになんで一人暮らし?長崎家賃高っかけん貯金できんやろ?”
という反応が返ってくる。「親と折り合いが悪かったので」と言うと、それ以上突っ込んで来る人はいなかったが。
事ほどさように、長崎の給与水準で家賃や駐車場代を払いながらの生活はラクではないのだ。

出て初めて気づいたことだが、長崎は良いところだ。世界遺産は2つもあるし、食べ物はめちゃくちゃ美味しいし、
人だって優しい。坂と階段の多いのには閉口するが、住む場所さえ選べば歩いて行ける範囲で殆どの用事は
済ませられるから、考えようによってはとても便利な街なのである。それなのになぜ若者が出て行くのかと言うと、
働き口が少ないこと、あったとしても給与水準が低く、余裕のある生活など到底望めないからだ。

思えば、三菱重工で起きたダイヤモンドプリンセスの大規模火災から長崎の地盤沈下が加速したような気がする。
燃えさかる豪華客船を、私は当時の勤め先であった湊町のホテル上階からずっと見ていた。長崎の屋台骨、重工は
もう終わりだと、誰もが思ったほどの大災害だった。あれは仕事に不満を持つ内部の人間の放火ではないかという
噂が流れたが、真相は謎のままだ。

造船産業も観光業も斜陽である。しかし、鎖国時代の華やかな歴史から原爆投下まで、これほど明暗のはっきりした
歴史を持つ街は日本中見渡しても他にないだろう。この唯一無二の歴史を、もっと活かせないものか。

ああ、はがゆい。
2019.02.12 20:40|好きなこと
今日は、コーヒーシートのパンを作りました。パン生地はいつものしもあんさんの天然酵母パン、
コーヒーシートは22hotさんのレシピです。今回はパン生地をHBを使わずに手ごねで作りました。
手ごねして作るのはいつ以来か思い出せないくらい昔のような気がします。なかなかまとまらずに
焦りましたけど、20分以上こねた時点でようやく向こうが透けて見えるくらいのグルテン膜ができました。
手ごねすると生地に対する愛着がいつになく増しますね。パン作りは楽しいな~。

            DSCN41021.jpg

ピカンナッツをシートに散らして三つ折りを二回。三つ折りは3回より2回が良いようです。
つや出しの卵液のおかげで、プロっぽい焼き上がり。明日が待ち遠しいです。
2019.02.12 07:26|農業
チャガラシがほうれん草の萎凋病に効果があるらしい。ほうれん草萎凋病は高温期に
発生するフザリウム菌に起因する土壌病害。うちでもハウス栽培のほうれん草が立枯れ症状で
大半枯れてしまったことがある。ただし、同じように見える立枯れ症状でも、ピシウム菌(立枯病)、
フザリウム菌(萎凋病)、リゾクトニア菌(株腐病)の3種類があって、チャガラシはこのうちの
フザリウム菌立枯れに効果があるとのこと。以下引用。

・・・・アブラナ科の植物は土壌にすき込まれ、バイオフミゲーションと呼ばれる過程を経て
殺菌効果を有することが知られている。(中略)・・・イソチオシアネートを含む多くの産物が生成する
アブラナ科の残渣あるいは GSL 産物を混和することにより、植物寄生性線虫の減少、
土壌病原菌が引き起こす病害の被害軽減効果、雑草の発芽抑制が報告されている。・・・


要約すると、チャガラシがグルコシレートという殺菌物質を多量に放出するということらしい。

・・・チャガラシ利用時のポイントは、栽培とすき込みにある。利用地域における播種適期と施肥量を守り
生育量を確保、すき込みはできるだけ細断し、ハウスであれば灌水とビニル被覆を組合せることである。
特に種子が小さいため播種はていねいに行い、播種後の覆土を浅めとするかローラーによる鎮圧のみで
実施するとうまくいく。・・・


チャガラシ緑肥の効果を活かすためのポイントとして、
① 播種時期は早春~5月まで
② すき込む時に十分な潅水(30リットル/㎡)をしてシートで被覆し、2週間程度腐熟させてからシートを
  除去し、さらに1~2週間放置する
③ すき込んだ後は殺菌されていない土(下層土など)が混ざるのを防ぐため、極力不耕起(簡易不耕起)にする
※ 萎凋病抑制効果はホウレンソウ2作目まで持続することが確認されている


雪印の辛神、タキイのいぶし菜が緑肥用チャガラシとして販売されている。どちらも燻蒸効果を得るために
開花直前の着蕾期にすき込むようにとある。暖地の播種時期は2~3月。播種量は1㎏/反、すき込み後の
分解期間は3~4週間。秋にほうれん草をまく予定の畑に順次播種したいが、3月期限なので準備を急がねば。
2019.02.11 18:05|日々のこと
つい1時間くらい前の話。フィギュアの宇野選手に関する記事を書いてアップしたら、
10分経たないうちにファンらしき人からちょっと恐怖を感じるコメントが入った。

私のブログはツイッターのアカウントに連動していて、新記事が上がるとツイートされる。
記事のタイトルに”宇野昌磨選手”と入っていた為だろう、20分もすると200近いインプレッション、
20のエンゲージメント、5のプロフィールへのアクセスがあった。私のブログへのインプレッションは
毎記事せいぜい10そこそこなので、ちょっと尋常じゃない数である。フィギュアスケートの注目の大きさと
現役選手を取り上げることの怖さを実感した。

私は宇野選手アンチではないけれど、記事の中にちょっとばかし批判めいたことを書いてしまったのが、
宇野選手ファンの逆鱗に触れたのだろう。長年フィギュアファンをやっていて、ファン同士の争いを
イヤと言うほど見てきたのに、まったくうかつだった。これからは自分以外の事を書く時は、良い事柄に
ついてのみ書こう。そうでない場合も、具体的な名指しは絶対にしないように肝に銘じておかないと。

小心者の私はこれ以上のトラブルは勘弁と、さっさとツイッターとブログ記事を取り下げた。コメントも
非公開にし、とりあえずさらなる恐怖にさらされる危険を回避した。狂信的なファンはフィギュアに限らず
存在するもの。屋号も場所も明らかにしている以上、本業の農業に支障をきたすような事態がおきては
困るのだ。

3月の世界選手権まではフィギュア関連の記事を封印するとしよう。
2019.02.11 06:03|農業
1月8日に播種したほうれん草の様子。右はLサイズ種子(タキイの伸兵衛)とMサイズ種子(サカタのドンキー)の
生育比較画像。Lサイズの方が成長が早いが、重要なのは収穫適期の長さ。まだ判断するのは時期尚早。
DSCN40591.jpg DSCN40601.jpg

下は別のハウスに半月前に播種したほうれん草。品種はサカタのプログレス。概ね発芽は良いが、
何カ所か全然出ていない場所があった。水が足りなかったか、深まきになったかのどちらかだろう。
播種時に程良い土の状態に持っていくのも結構難しくて、経験が要る。
DSCN40541.jpg

定植した小ネギも少しずつ大きくなっている。露地の長ネギは小さな花芽が芯に伸びつつあるが、
ハウス栽培の小ネギは坊主の心配はほとんどない。
2019.02.10 06:31|農業
今日届いた現代農業3月号に、うちがお世話になっている佐世保市の市川種苗の店長が載っていた。
それも、出ずっぱりと言って良い露出具合である。市川種苗さんについては折に触れこのブログでも
取り上げているが、数日前にも対応の良さについて書いたばかりであり、タイミングの良さに驚く。

「そっかー、こんな感じだったんだ。何才?え、65才?65才にしてはえらく若く見えるよね」と夫と
二人でしばらく市川店長の話で盛り上がる。確かに店長、お若い。50代で十分通る。やはり仕事に
情熱を持って取り組んでいる人は、肌つやが良く若々しい。

DSCN40721.jpg DSCN40641.jpg

市川店長の種に関する知識にも恐れ入るが、現代農業で一人でこれだけ誌面を使っていた人は
過去に例がないのではないか。いよいよ市川種苗も全国区に・・・。嬉しいような寂しいような。
知る人ぞ知るとっておきという気持ちがあったので、ちょっとばかし寂しさの方が勝ってるかな。

市川店長、これから益々お忙しくなるとは思いますが、今後とも永香農園をよろしくお願いしますね!
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR