FC2ブログ
2021.06.14 19:40|農業
ハウスが次々に空いて、次の作付け準備でバタバタしている。
まぁ、バタバタしているのは肥料まきをしてくれる男子達と耕耘担当の夫なのであるが。
私は何をどれだけどこにまくかを紙に書いて渡すだけ、という楽をさせてもらっている。
重労働は男手に任せっきりではあるが、私も小ネギの収穫やら皮むきやら育苗やらで忙しいのだ。

DSC04910.jpg DSC04911.jpg
M1号ハウスを耕耘する夫。露地の畑の耕耘はK君もできるけれど、ハウス内の耕耘は技術が必要なので
夫しか出来ない。ヘタをすると回転に失敗したりしてハウスを突き破ったりする危険もある。
2021.06.11 20:44|農業
播きも播いたり63箱モロヘイヤと小ネギの苗が片付くのを待って夏用小ネギの育苗を行いました。
ブラックキング30箱と黒泉夏用33箱です。出来にもよりますが、真夏は一日で苗1箱分を収穫するので
これで約ふた月分ということになります。ハウスはどんどん空いているのに、この苗が定植できるのは3週間先。
当面直播きで遅れた分を取り戻さねばなりません。
2021.06.09 21:28|農業
売れっ子のニンニクの乾燥場所となっている育苗ハウス。
だいぶ手狭になっていたが、本日19箱のネギ苗を定植し、明日はひと月前に播種したモロヘイヤ苗を定植する。

これでようやく次の小ネギの播種ができる。一度に70箱近い苗を作るのは一年でこの時期だけ。
長い長い安値のトンネルを抜け、ようやく小ネギの値段が上がり始めた。これから真夏に向けてドンドン苗を作り、
売って売って売りまくるのだぁ

DSC048691.jpg
現在収穫中のM2号ハウスのさんぺい。せっせともみがらを投入し続けた効果がすこ~しずつ出てきたかな。
でも他のハウスの土に比べるとまだガチッと締まりやすく、畑の水保ちも野菜の根張りも改善の余地あり。

DSC04871.jpg DSC04875.jpg
根鉢もできてまさに定植適期のモロヘイヤ。播種からひと月後に定植し、定植のひと月後から収穫できる。
モロヘイヤは使える薬剤が少ないが、すでにけっこう虫食いがあるためカスケードとコテツを噴霧した。

DSC04876.jpgDSC04878.jpg
1回目の苗はぱっと見はよく出揃っているように見えるけれど、欠株が多い。2回目は最初の反省を踏まえて
やり方を少し変更したらバッチリ出揃った。こちらの苗もじきに定植適期。
2021.06.08 14:21|農業
収穫作業担当のパートのOさんが、ご家庭の都合で午後作業に変更になった。

これからモロヘイヤと小ネギの収穫・調整に忙しい時期を迎えるにあたり、
収穫の人員不足が予想されることから約1年ぶりに求人サイトを通じて人を募ることにした。

この求人サイトが優れもので、完全無料とは思えない至れり尽くせりの凝ったページを作成することができる。
写真もいっぱい載せられるし、伝えたい事が充分に伝わる程度の説明文も掲載でき、うちみたいな零細には
大変にありがたい。

以前、数カ所のWEB製作会社にHP作成の見積もりをしてもらったことがある。
ごくごくシンプルなものでも20万円近く、デザインに凝ったり動画や音楽、買い物かご機能を付けたり、
定期的な更新費用などを加えると値段は軽く50万円を超えるのだ。とてもじゃないけれどそんな経費捻出できない。

その点、経費もかからずHPがわりにもなるこの求人サイトは応募もコンスタントに来るのが嬉しい。
今回の募集でもすでに5名の申し込みがあった。と言っても、そのうち半分近くは面接に至ることなく終わったが。

理由はわからないが男性からの応募は申し込み後に音信不通になる場合がほとんどなのである。
女性は真面目に仕事探しをしている方が多いのか、返信も素早く面接にもちゃんと現れるのだ。
この差はいったい何なのだろう。

すでに数人の方の面接を行い、明日もおひとり予定があるが、すべて女性である。
面接の中で話をしていて、”うちって来てくれた人の定着率が高いんだな”と気が付いた。
一番長いAさんはすでに勤続18年くらい。Mさんは3年、Oさんは2年。Nさんが、1年くらいかな。
男性のアルバイトは何だかんだでみな去っていくが、女性のパートさんは全員脱落せず現在に至る。
自分自身の経験と照らしても、女性が働きやすい職場は労働環境は悪くないと思うがどうだろう。

夫と私は割と言いたいことをズバッと言う方で、仕事における要求は高く細かい。有り体に言うとウザいのである。
しかし後継者のK君をはじめ他のパートさんたちもみなさん穏やかな方ばかりで、その点が働きやすさに
つながっている気がする。改めて良い人たちに恵まれたと思う。
2021.06.07 21:47|農業
昨年は紅はるか、安納芋、シルクスイートの3品種を栽培したサツマイモですが、
味・収量・苗の値段等を比較検討した結果、今年はシルクスイート一本で行こうということになりました。

DSC04854.jpg DSC04859.jpg
1500本の苗を夫、パートのMさん、K君夫妻で植え付け。午前中には全て植え終えました。
名前の通りにシルクのようなのどごしのシルクスイート。9月過ぎの収穫が待ち遠しいです。
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR