FC2ブログ
2019.11.18 21:35|農業
朝からまとまった雨。今くらいになると多少雨が降らなくても極端に乾燥することはないが、
たまのおしめりはありがたい。今日の雨でホウレンソウも大きくなるだろう。

DSCN69601.jpg
26号圃場の伸兵衛。見るたびに大きくなっている。12月中旬くらいには採れるだろう。
地際からパタリと倒れている株がちょくちょくある。立枯れならば切り口が茶色く変色しているもの
だけれどもそれがない。ということはネキリムシだろうか。11月いっぱいは発生するらしいから
播種時にまいた粒剤の効果が切れたのかもしれない。

DSCN69641.jpg
水のやり過ぎでたくさん立枯れを出した反省から、ハウスほうれんそうの潅水は播種後の一回だけにしている。
このやり方で夜間にハウスを閉め切っても立枯れがほとんど出なくなった。M1ハウスも発芽揃いはバッチリ。

DSCN69591.jpg
ベと病の蔓延で収穫をあきらめ、放置していた露地てごろ菜。久しぶりに見てみたらなんと病気が治まっていた!
病気の跡が残る外葉を数枚むくと、中はとてもきれいな状態。明日から出荷する。すき込まなくて良かった。

DSCN69711.jpg
放置している間にすっかり立派に成長していたてごろ菜。涼しくなって先祖返りしてしまったのか、
本来のハクサイに近い姿になっていた。こうなるとハクサイで売った方がいいかもしれない。
今日の晩ご飯にすき焼きにして試食してみたら、甘みが出て美味しくなっていた。
2019.11.16 18:03|農業
2号ハウスのホウレンソウの収穫を今日から開始。播種から33日。品種はハンター。
ハウスでホウレンソウを作るのはもったいないのだけれども、ここはネギボトリチスの密度が濃く
小ネギは作れないので春先までホウレンソウを作る予定。

オータムポエムの出荷用収穫を開始。定植から約ひと月。露地栽培はハウスと違い、すぐに花が咲いてしまう。
だから栽培指針にあるような20㎝長さでの収穫は難しく、10㎝前後のちんちくりんになるが、寒に当たる分甘みは
露地の方が強いだろうと思う。一袋120~130㌘、120円くらいで売り始めよう。

2019.11.15 19:31|農業
グンと冷え込んだ今朝、昨年より9日早く上西郷では初霜が降りました。
今日は熊本のタキイ種苗研究農場の年に一回のオープンデー。
所属部会の藤原部会長のご厚意で一緒に参加させて頂きました。

DSCN69241.jpg
種苗会社の研究農場を訪ねるのは5年前の中原採種場、今年の久留米原種育成会以来3度目です。
今日の私達のお目当てはホウレンソウ。トップランナーサカタを猛追するタキイのホウレンソウ開発の
現場を見られるまたとない機会。研究農場の視察はいつも何かしら発見があってすごく勉強になるので
私はこの日をすごく楽しみにしていました。

DSCN68901.jpg
今日は本当に気持ちの良い晴天になりました。遠くにはもくもくと煙を上げる阿蘇の外輪山が見えます。

DSCN68871.jpg
広大な農地が広がる中にあるタキイの研究農場。

DSCN68921.jpg
入り口。視察にはJAか普及所を通して事前の申し込みが必要です。

DSCN69131.jpg
目当てのホウレンソウへ一直線。自社品種のみならず他社製品も栽培されています。
ここは10/28播種分。福兵衛、伸兵衛、スタンドアップ13(ナント)、プログレス(サカタ)、ドンキー(サカタ)。
まだ市場に出る前の品種(吉兵衛、TSP-570)もありました。

DSCN68961.jpg
10/15播種分。弁天丸、味ごのみ、ジャスティス(サカタ)、ハイドン(サカタ)など。

DSCN69161.jpg
10/2播種分。伸兵衛、福兵衛、タフスカイ、ミラージュ(サカタ)、オシリス(サカタ)、ハンター(カネコ)。

他社品種ではやはりサカタのものがダントツで多かったです。写真を撮りまくり、そばにいたタキイ社員の方に
ここぞとばかり次から次に質問を浴びせました。育種元から話を聞ける機会は滅多にないですから逃す手はありません。

伸兵衛、福兵衛、吉兵衛は太い主根から伸びる二次根・三次根の発育が他品種に比べて旺盛で、生育が早いだけでなく
葉柄が太く湿害にも強いそうです。新品種の吉兵衛は葉数の多いタイプ。そして収穫適期が伸・福兵衛よりも1週間程度遅く、
福→吉→伸の組み合わせで収穫に追われない栽培体系ができるのでは、とのことでした。
また、無被覆の露地で良品を期待するならば、食味が良く葉肉の厚い弁天丸がおすすめだそうです。

こうやって比べてみると生育具合はもちろん葉色や艶などが一目瞭然です。
社員の方から聞き出した話を来年の品種リレーの参考にしたいと思います。
2019.11.13 21:16|農業
落花生もてごろ菜も終わり、ほうれん草はまだ採れず、里芋は供給過剰で値が下がってきた。
小ネギはあるにはあるが、後のことを考えるとまだ大量には収穫できない。イケイケどんどんだった
9、10月に比べると11月は例年やる気の出ない月なのである。

手持ちの野菜が少ないこともあるけれど、それ以上に私達のやる気をそぐ理由は野菜全般が安いことである。
よほどの天候不良でもない限り11月の安値は想定の範囲内とはいえ、9月の最高値の時に比べ3~4割ほども
下がるとなれば出荷意欲も削げるというもんである。

DSCN67941.jpg
だましだまし収穫中のM1ハウスの小ネギ。早く大きくなってね~。

DSCN67911.jpg
日当たりが極端に悪い端っこに1畦だけ播種したM1ハウスのドンキー。
ほうれん草は小ネギほど日照量の影響を受けなくていい。

DSCN68021.jpg
日替わりで手入れ中の露地ほうれん草。今日は26号の畝の肩部分を鍬で除草し、その後通路に除草剤を噴霧した。
草ボーボーで大失敗した昨年に比べると見違えるような出来。今年は良いホウレンソウが採れそうだ。
2019.11.13 18:09|農業
26号のオータムポエムに病気らしき症状が現れた。
若葉がよじれて萎凋しており、重症になると株全体が萎縮して黄化しているものもある。
ネギの萎凋病に似た症状なので、おそらく土壌病害かなと思い調べてみると、同じフザリウム菌が
原因の病気にアブラナ科萎黄病というのがあった。たぶんこれだろう。

連作が原因とあったが、もしかして春に緑肥で作ったチャガラシがいかんかったんか
それくらいしか思い当たらないけれども・・・。

土壌病害となると今から打つ手はない。気休めでしかないかもしれないが、
ナバナで収穫前日まで使える唯一の薬剤、ストロビーでもまいておくか。

DSCN68041.jpg

DSCN68091.jpg

DSCN68121.jpg

DSCN68151.jpg
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR