FC2ブログ
2023.05.28 12:32|好きなこと
野菜作りのプレッシャーから解放された反動なのかわかりませんが、
引っ越し以来、野菜には目もくれず花を育てることに情熱を傾けてきました。
ところが暖かくなるにつれて、押し殺してきた野菜作りへの思いがムクムクと頭をもたげてきたようで。

スミレとチューリップの季節が終わる頃合いを見計らってキュウリ、ナス、モロヘイヤ、ニラの育苗を開始。
花が植わっていた花壇はそれら野菜苗を定植する予定です。そんなわけで今残る花は多年草のガザニアとアジュガのみ。
真夏は花の栽培が難しい時期とは言え、花が二種類というのも何だか寂しくて、生協でトレニアの苗を購入しました。

従来品種を改良したスーパートレニアは日本の高温多湿の夏にも強く、繁殖力の強さが特徴。
栽培方法を紹介する動画を見ても、ひと株でプランターがあっと言う間にワサワサになっていました。
ブルーリバー、アイスリバー、ピンクリバーの3色展開で、私が買ったのは青紫色のブルーリバー。

DSC09677.jpg
次から次に花が咲き、川(リバー)のように枝垂れることからハンギングに最適とのこと。
よく海外のお宅で玄関先や窓際にハンギングの植物を飾っているのを見ますが、あれ憧れなんですよね。

DSC09678.jpg
これがどこまで広がるか、楽しみです。

DSC09680.jpg
繁茂しすぎて風通しが悪くなってきたガザニアを株分け。徒長気味のクリームソーダを大量に引っこ抜いて
ポットに移植しました。根付いて根が巻いてきたらプランターか庭に直植えします。
2023.05.09 22:01|好きなこと
引っ越してすぐに着手したのが荒れ気味だった庭の手入れです。
花壇のツツジは樹勢の衰え著しかったため片付け、その後にガザニアやチューリップを植えました。
春が来て、その時植えた花が盛りを迎えています。

DSC09496.jpg
クリーム色のガザニア。以前住んでいた家の裏のお寺の花壇に群生するガザニアの可憐さが目に焼き付いて離れず、
どうしても植えたかったお花。

DSC09499.jpg
ガザニアには多種多様な花色がある。これもガザニアだけれど、葉の形・花の形状もそれぞれ異なる。
私は花束にしても花の色はなるべく絞りたい方なのだが、このように何色もの花が咲いているのも
お花畑みたいで案外良いものだなと思った。

DSC09502.jpg DSC09503.jpg
農業から離れたとは言え、長年親しんだ土いじりは恋しいもの。夏野菜の種をいくつか買って育苗している。
左はタキイの四葉系キュウリ、シャキット。右は我が家の夏に欠かせないモロヘイヤ。ナスとニラも発芽完了。
肥料袋に土を詰めて野菜を栽培するやり方があるらしいから、それに挑戦してみるつもり。
2023.04.24 16:08|好きなこと
今日は休養日。心身低調の自覚があったため、気分転換がしたかった。

私の場合、ストレス解消に一番効果があるのはお菓子を買うこと。
食べるのももちろん幸せなんだけど、甘い香りの漂うケーキ屋さんで自分へのご褒美として
ケーキを選んでいる時間は、何にも勝る至福の時間である。

しかし、何でもかんでも値上がりしているご時世、ケーキも例外ではない。
あれもこれも食べたい欲求を抑え悩み抜いて買ったケーキも食べるのは一瞬。そして悲しいかな翌日には鮮度が落ちる。
だから、近頃は趣味のお菓子屋さんめぐりを封印し自分で作っている。最近のお気に入りは石井麻理さんの
サワーケーキをアレンジしたブルーベリーサワーケーキ。

この辺りでは良いサワークリームが買えないのでサワークリームはもっぱら手作り。
といっても全然難しくはなく、48%の純生クリームに自家製のカスピ海ヨーグルトを加えて一日室温におくだけ。
このサワークリーム、お菓子だけでなくトマト味の煮込みに添えても美味しいのでおすすめ。

前置きが長くなったけれど、なるだけお金をかけずに気分転換するには?と思案した結果、
日頃できないおしゃれをして出かけようと相成った。今日はちょうど、おしゃれをするのにおあつらえ向きな
用事があったので、いつものパンツスタイルではなくスカートに決定。

DSC094041.jpg
買ってから一度も着ていない箪笥の肥やしになっていた小さな水玉柄のボックスプリーツスカート。
それに、グレーの薄手ニットとカーディガンを合わせ、差し色としてピンクのバッグ。

20代~30代にかけてはパンツスタイル一辺倒だったけれど、パンツの後ろ姿は悲しいくらい年齢が顕れる。
体型の緩みが気になり始めた40代に突入すると、私の洋服ダンスでは段々とスカートが幅をきかせるようになった。
程良い丈の良い仕立てのスカートは中高年女性の強い味方だと思っている。

--- せっかく女に生まれたとに、もっと可愛い格好したら?自分が女やったらそうするけどなー、もったいない---

--- いつもズボンばっかで全然スカート着らんよね。たまにはスカートはいたら?---

これらは大昔、私が付き合っていた男性から言われた台詞。
若い頃は服装に無頓着で、色も黒、グレー、ベージュ等地味なものに偏りがちだった気がする。
女性は加齢に伴い全体にくすんでくるから、メイクやファッションで華やかにして補うくらいがちょうど良い。
これぞ女の特権であり愉しみではあるまいか。

色や素材、柄など女性のファッションの自由度は男性のそれと比べると桁違いである。
それを考えると、氷川某氏やryuchell氏の今のはじけっぷりも何となくわかる気がする。
2023.04.20 13:03|好きなこと
冬の間まったく日の射さなかった我が家の庭にも、4月に入ってようやく日が当たるようになってきました。

まだ寒さの残る頃から花を見せてくれたムスカリと原種チューリップは葉を残すのみとなり、アジュガもそろそろ終わり。
今はオステオスペルマムとガラスの花(オーニソガラム・ヌタンス)が真っ盛りで、もうすぐガザニアが開花を迎えそうです。

私は、鳥のさえずりと木漏れ日で目覚めるのが小学生からの夢だったんですが、それが叶いました。
自然に囲まれた庭でゆったり晩酌を楽しむ夫も、求めていた暮らしができているんじゃないかと思います。
胸が躍るようなたいそうな出来事はないけれど、日常茶飯事の中に幸せを感じられるのが何よりですね。

DSC09361.jpg DSC09352.jpg
左方面と右方面の山の様子。コブシ、椿、桜、藤にツツジと目を楽しませてくる木には事欠かない。
山深い分、イノシシ等の野生動物の住み処になっている。

DSC09347.jpg DSC09349.jpg
(左)200円で買った老化苗が立派に育ったオステオスペルマム。寒さも日陰もものともしない頑健さで私イチオシの花だ。
微妙な濃淡も美しいし、花数の多さも素晴らしい。庭のすき間にはオステオスペルマムを植えとけば間違いない。
(右)一日の内わずか数時間しか日が射さない場所に植えたアジュガ。暖かくなる今後の株の充実に期待したい。

これまでは断然花より団子派の私だったが、花を育て始めて意識が変わりつつある。
ただ美しく咲かせることだけを考えればいい花は、野菜のように虫や病気に神経を尖らせなくていいから気が楽なのである。
もちろん売り物を作るとなれば、こんな呑気な事言ってられないだろうけど。

実家では、野菜には見向きもせず花ばかり育てていたという父。
「花だけじゃなくて食べられるものも作ってくれんかなぁ、って内心思いよった」という母の言葉を思い出す。
「お父さんも案外ロマンチストやったっちゃない?」と言っておいたけれど、野菜作りは子育てみたいなもので、
花作りは孫と遊ぶみたいなものなのかなと、そんな気がした。

DSC09359.jpg DSC09360.jpg
冬の間に随分と株が張ったガザニア。2株枯死してしまったけれど生き残ったものはたくさんつぼみを付けている。

DSC09365.jpg DSC09364.jpg
(左)玄関脇の花壇。小さなスペースにはガザニアのクリームソーダを植えた。
広い方に植えたアジュガのチョコレートチップは、地這いであれよあれよと広がっている。
(右)スミレも花がら摘みが追いつかないほど花が混み合ってきた。
2023.03.04 17:11|好きなこと
PICT0551.jpg PICT0610.jpg
保護した直後は手のひらに乗るくらい小っちゃかったタマとネギ。人慣れしておらず、一週間くらい
押し入れの奥から全く出てこなかった。初めてタマが鳴きながら机の奥から出てきてくれた時は本当に嬉しかったな。

PICT0672.jpg PICT0714.jpg
メス猫はオス猫と違い、ベタベタと甘えてこない。タマも普段はおすましさんだった。
しかし、呼べばたいてい”にゃあ”と鳴きながらそばに来る。姉ちゃん(私)が大好きで
ふとした瞬間に内に秘めた愛情が迸るのがタマだった。
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR