FC2ブログ
2022.04.29 21:39|好きなこと
インスタを始めて5ヶ月弱。
最初の頃は1日2回記事を上げ、誰彼構わずいいね!を押して、フォロワーを増やそうと必死だった。
それが最近ではいいね!もギブアンドテイクに徹している。つまり、私の投稿にいいね!を押してくれた人のみに返している。
インスタを見る時間が最初の頃に比べると激減したし、そうでもしないとキリがない。

今私がインスタを見る主な目的は、”Big Cat”と呼ばれる大型のネコ科動物関連の投稿を見ること。
無類のネコ好きを自認する身としては、多種多様なネコ科動物の動画を見て回るのは至福の時間だ。
ライオン、ヒョウ、トラ、チーター、ユキヒョウ、ジャガーにピューマ等々。図体はでかくても、仕草や表情は紛う事なきネコ。
中でもグルグルと喉を鳴らし、ミャウミャウと鳴くチーターはまさに大きなネコだ。
ライオンやヒョウと比べると顔も小さくて目がぱっちりと大きく、実に愛らしい。



地上最速のほ乳類、チーターは開発による生息域の減少とライオンやハイエナによる捕食等で近年急速に数を減らし、
絶滅危惧種に指定されている。個人的に、チーターは美しさにおいて最も完成された動物だと思っているし、
鳴き声の愛らしさ、弱さや儚さも含めて最も心惹かれるBig Catである。

チーターにしろライオンにしろ、サバンナではケガや老化で狩りができなくなることは即死を意味する。
一見大人しそうに見えるゾウ、キリン、サイ、カバといった大型の草食獣に殺されることも珍しくない。
弱肉強食の掟が支配する世界に、好き勝手に名前を付けて”可愛い~”などと喜んでいる人間などお呼びでないのである。

一方、世界には人間に飼われて可愛いペットと化したチーターやトラ、ライオンも存在する。
すっかり飼い慣らされたライオンとヒョウがお互い睦んでいる様子を見るのは、複雑だけれど文句なく微笑ましい。
飢える心配のない場所では争う理由もないわけだし、敵も味方もなくなるのだろう。

野生に生きるのと安全な場所でのんびり生きるのでは、果たしてどちらが彼らにとって幸せなのだろうか。
私としては、できるだけ沢山のBig Cat達が密猟や捕食の恐怖、飢えの心配から解放されたらこんなに嬉しいことはない。
これも人間のエゴなのかもしれないけれど、見守ることしかできない私はそう願わずにはいられないのである。

2022.04.11 18:04|好きなこと
長崎のローカル情報誌『ながさきプレス』が届いた。
バックナンバーの中から特に興味を惹かれた3冊を注文していたものだ。
喫茶店特集、長崎の美味しいお魚特集、そしてレトロなお店や風景特集。

私のインスタのフォロー先で一番多いのが農業、次にチーターやライオン、トラといった猫科の大型動物関連、
次いで長崎のお店や個人のアカウントである。年を重ねる毎に郷里の様々なものが懐かしく思えてくるものだが、
私の場合は特に長崎の美味しい魚が恋しくてたまらない。料理屋さんが投稿する写真を見ながら、
『・・・長崎のお魚が食べたいよう・・・』とスマホの画面に向かって一人寂しくつぶやいている。

DSC07916.jpg
長崎は漁獲量が北海道に次ぐ全国2位で美味しい魚には事欠かない。こちらでお刺身を注文すると
カンパチ、鯛、サーモン、まぐろ、イカが定番で、それ以外の魚にはめったにお目にかかれないけれど
長崎の魚自慢のお店では珍しい地魚を美味しく調理して食べさせてくれる。

そして長崎の街の魅力を間違いなく高めているのがあちこちにある喫茶店。チェーン店のカフェ全盛の昨今にあって
奮闘する店主の皆さんには心からエールを送りたくなる。カフェ平井、富士男、ニューポート..我が青春の喫茶店。
これからも長崎の喫茶店文化の灯を守り続けて欲しい。

先日博多に行った際に初めてスタバを訪れ、不慣れなシステムとだだっ広い空間に何とも収まりの悪い思いをした。
古いと言われるかも知れないが、やはり私は昔ながらの喫茶店が好きである。穴蔵を思わせる薄暗さ、
鼻をくすぐるコーヒー豆の香り、低く流れる音楽。大人のための空間という感じがするのである。

2022.02.25 21:58|好きなこと
南区桧原のバイク屋さんから引き取ってきた棚その2。
ペイント棚と同じようにつっかえ棒をしようと考えていたのだけれど、100均で買った棒をギコギコ切って
板の間に無理矢理押し込めただけの超適当な仕上がりに落ち着いた。わはは。だって時間がなさすぎるんだい。

これって早くもDIYに飽きちゃったって事?
ちょっ、いくらなんでも早すぎんでない?と我ながら一瞬呆然としたが、飽きたわけじゃないので大丈夫。
私の場合エンジン始動からトップギアまでの時間が短すぎるのである。だから、通常運転に戻ったというだけの話。

DSC07410.jpg
我が家の台所には食器棚をふたつ置くスペースがないため、隣の居間に運び込んだ。古家具の良いところは、
置いたその日から何十年もそこにあるかのように馴染んでくれるところ。新品の家具だとそうはいかない。

世界でも有数の古い物好き民族として知られるイギリス人のジェーン・バーキンは、新しい靴やバッグを買うと
壁に投げつけたり踏んづけたりして痛めつけ、新品に見えないようにしてから使うそうである。そこまでやるなら
最初から古いのを買えばいいのに・・・と思うけれど、同じく古物好きの一人としてその気持ちはわからないでもない。

DSC07415.jpg
この棚に収めたのは特に思い入れのある器たち。重ねる枚数もごく少なくなったので、大切な器を何かの拍子に
傷める恐さから解放された。並んだ器を眺め、手に取って愛おしむのは器好きにとって至福の時間である。

DSC07421.jpg
今回良い機会だったので台所を大幅に模様替えし、不要な品をかなり処分したら、10年前の引っ越し以来
廊下に追いやられていた年代物の茶棚を置く場所ができた。深い飴色の木肌、渦を巻いたような木目が何とも味のある
この茶棚は希少な無垢の桑の木製。鉄釘を一本も使わず、日本古来の伝統技法である組み継ぎによって作られている。
2022.02.23 22:24|好きなこと
遠路はるばる那珂川まで引き取りに言った年代物のペイント棚が自室に収まりました。

まだ一番下の棚板に支えの棒をかませるのと引き出しの取っ手付けが残っていますが、空いた時間にぼちぼちやります。
空っぽだった時はどこか寂しげだった棚も、中に物を納めるとサマになりますね。

DSC07374.jpg
結局正面部分も塗り直しをし、全面リニューアルとあいなりました。そもそもの作りが古風なのと
ペンキの塗り方がいかにも素人っぽくムラが出たせいで、レトロな雰囲気はそのまま残りました。
さぁ、次は何を作ろうかな?
2022.02.20 22:00|好きなこと
今日も夕方から棚の補修にまっしぐら。目下一番の楽しみかもしれない。
なんだかんだ、手先を使うのが好きなのだ。

DSC07321.jpg DSC07325.jpg
まずはペイント棚の中板補強から。
一応両端に板を支える金具は取り付けたのだが、これだけじゃ本みたいに重いものを乗せるにはいささか心許ない。
で、板の中央に支えの棒をかませることにした。セリアで調達した檜の角棒の寸法に合わせて板に彫刻刀で穴を彫る。
上下の板それぞれにきっちり合う穴が出来たら棒をしっかりかませて出来上がり。これで少々重いものでも耐えられるはず。
思いつきにしては上出来上出来と自画自賛。

DSC07339.jpg DSC07313.jpg
(左)夫に”彫刻刀持ってる?”と尋ねたところ2個も持ってきた。
うちの夫、ドラえもんのポケットを持っているのではないかと私は密かに疑っているのだ。
そう思いたくなるくらいたいがいのものは持っている。

続いて変わり棚にシェラックニスを塗布。無水アルコール少々で溶いたシェラックニスをムラにならないよう刷毛で
一気に塗っていく。塗る前より色合いに深みが増し、自然な艶が出てきた。素晴らしい!と一人悦に入る。

DSC07315.jpg DSC07316.jpg
シェラックニスの後にワックスを塗るとさらにひとつ上の上質な仕上がりになるそうだけれど、材料もないし今回は省いた。
参考にしたのはアンティークショップハンドルのHP。初めての人でも無理なくできるアンティーク家具の補修方法を
懇切丁寧に教えてくれてとってもありがたい。
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR