FC2ブログ
2021.07.27 21:06|料理とパン、お菓子
ほぼ毎日モロヘイヤが食卓にのる我が家ですが、
今日は少し目先を変えてあえものではなくサラダを作りました。

トマトのざく切りにポン酢、柚子胡椒、オリーブ油、メープルシロップを加えたものがドレッシング。
茹でたモロヘイヤに戻したわかめを混ぜ、この上にドレッシングをドバッとかけて出来上がり。

服部幸應先生によれば、トマトのうまみは昆布の5倍もあるそうです。
私はおやつ代わりにトマトをかじるくらいトマトが大好きで、切らさないように常備して色んな料理に使いますが、
定番の麻婆豆腐でも鶏肉とジャガイモの煮込みでも、トマトが入るだけで味に奥行きが出てまろやかになります。
DSC05143.jpg
2021.07.26 17:12|料理とパン、お菓子
今日は月に一度の婦人科検診の日でした。
3回目ぽっちにしてはすっかり慣れた気になってきましてね、いつもは天神でお昼をとるところを
香椎に寄り道して評判のパスタを頂いてきました。

店の名は『レストラン ビストロ』。西鉄香椎駅から徒歩5分、蔦の絡まる外観が一際目を引く、
1974年創業の老舗レストランです。私が11時半過ぎに入店した際は他にお客の姿はありませんでしたが、
その後次々にお客さんが入ってきました。なかなかの人気店のようです。

DSC051361.jpg
ランチメニューは数種類が用意されており、クリームコロッケやポークソテーなどいずれ劣らぬ魅力的なメニュー。
それらの誘惑を振り切り、本日のお目当て『渡り蟹のクリームパスタ』を注文。レビューでも絶賛する声が多数の、
一番人気のメニューです。

IMG_20210726_111943.jpg IMG_20210726_112428.jpg IMG_20210726_130229.jpg IMG_20210726_130247.jpg
(左の2枚)お店の内装も昔ながらの洋食屋さんといった雰囲気で、落ち着きます。温かみのある接客が心地良く
料理が出てくるのも早かったです。これは好印象ですね。渡り蟹のクリームパスタ登場。どでんと鎮座するカニの甲羅、
美しくとぐろを巻くパスタの下にはカニの身がたっぷり隠れています。『カニは豪快に召し上がって下さいね』とのことで、
遠慮なく手でつまんでしゃぶり、カニのエキスが溶け込んだソースをたっぷりからめて完食しました。
次はクリームコロッケが食べたいな。

(右の2枚)これは製菓材料を買いに行った岩田屋新館の花屋さん。飾られた花のオブジェがすごくきれい。
プリザーブドフラワーかな。たまに都会のデパートにいくと美味しいものや珍しいものがたくさんあって目移りしますね。

DSC05138.jpg DSC05140.jpg
(左)もうひとつ香椎のおいしいものをご紹介。レストラン ビストロの近くのケーキ屋さん『シェ フジモト』のお菓子。
看板商品という生スコーンのチョコ味と抹茶味、美味しいと評判のシュークリーム、人気商品の生スコーンのラスクを購入。
香椎・千早方面で味の良さは折り紙付きのパティスリーだそうです。

(右)いつも通販で購入する富澤商店の製菓材料ですが、今日は岩田屋本店のお店でアーモンドプードルと
ホシノ丹沢天然酵母を買いました。さほど広くはないものの、製菓材料から道具まで一通りの商品は揃っています。
せっかくだからバターや冷凍フルーツも買いたかったけれど、この暑さだと家に帰り着く前にドロドロに
溶けちゃうだろうと思い、あきらめました。
2021.07.13 20:01|料理とパン、お菓子
朝は味噌汁と納豆に、夜はスープやあえものにと、ほぼ毎日モロヘイヤを食べています。
食欲の落ちがちな時期でも、独特のぬめりでのど越し良く頂けるんですよね。味にくせがないですし
アクもありませんから、本当に重宝しています。青菜の少ない真夏には実にありがたい野菜です。

今回は一袋100㌘を丸ごと茹で、ザクザク切ってあえもの風サラダに。
そして包丁で細かく切ったものを長芋短冊の上に乗せました。

DSC05072.jpg
これは夫の酒の肴用。わさびと醤油で。

DSC05071.jpg
トマトの角切りとわかめを加え、オリーブ油、米酢、塩、こしょう、薄口醤油、コリアンダーとクミンを少々。
2021.06.26 18:34|料理とパン、お菓子
夏は火を使うのも億劫で、切って和えるだけの献立が増えます。
キュウリとタマネギ、鶏皮、常備野菜のトマト、これも常備のわかめをかけぽんで和えて簡単に。

DSC04983.jpg
カリカリに焼いた鶏皮がコク出しの役目。打ちはタロのエサの余り物の鶏皮が冷凍庫に常にあります。
これをカリカリに焼いたものをよく和え物に使いますが、うまみが出て淡泊な和え物がひと味アップします。
2021.06.10 21:44|料理とパン、お菓子
NHKラジオ、東大名誉教授・石浦章一先生の『老化を防ぐ最新医学』という講座がとっても面白い。
今日は10回目『サプリメントとの付き合い方』を聞き逃しで拝聴した。私くらいの年齢になると
複数のサプリメントを服用しているという人もそれなりにいると思うが、今日の講座を聴いてちょっと
考え込んでしまった。

石浦先生は『サプリメントは摂っても摂らなくてもどちらでもいい』と仰りつつも、その効果については
懐疑的な見方をしているようだった。結論としては、効果が認められていれば薬になっているはずで、
サプリメントどまりということはそうではないと。サプリメントよりも日々の食事を充実させることが大切です、
との言葉に毎日せっせと何種類ものサプリメントを摂っている私は深く考えさせられたのである。

本当に目から鱗のお話しばかりなので、ぜひたくさんの人に聴いて欲しい講座である。

そんなにわか石浦教授ファンとなった私が今心がけているのが、タンパク質を意識して摂るということ。
なんでもタンパク質とビタミンDが全般的に日本人に不足気味の栄養素なんだそうだ。タンパク質は
血、筋肉、皮膚、そして骨の元となる人体にとっては最重要とも言える栄養素だけれど、高齢になるにつれて
タンパク質の摂取量が足りなくなってくるらしい。タンパク質が不足すると筋肉量が減少し、
近年問題となっているサルコペニアという高齢者の虚弱化を招くという。

石浦先生は毎日の食事で体重の1%のタンパク質を摂りなさいと仰っていたが、
村上祥子先生によれば成人が元気に動くために必要なタンパク質摂取量は食材300㌘分で、
これだけ摂って初めて70㌘のタンパク質が摂れるそうだ。

そんなわけで、今では食品のタンパク質量をいちいち確認するのが癖になってしまった。長年続けている毎朝の納豆に、手っ取り早く魚を食べられる缶詰(美味しくて安全なもの)、
冷や奴もタンパク質強化メニューとして献立に加わった。

私の場合元々豆腐がそれほど好きではないので、小ネギや食べるラー油など、
山盛りの香味をのせてようやく1丁食べきれる。それもこれも長く元気に農業を続けるため。
自分の足で歩いて行きたいところへ行くためである。
DSC04890.jpg
今日の冷や奴。小ネギ、じゃことわかめのオリーブ油炒め、ヱスビーの食べるラー油。
たれはかけ醤油に柑橘果汁を加えたもの。

DSC04879.jpg
昨日の冷や奴。小ネギ、じゃことわかめのオリーブ油炒め、柑橘果汁とかけ醤油。

DSC04897.jpg
今日のおかずは頂きもののキタアカリとインゲン入りの肉じゃが。
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR