FC2ブログ
2022.12.02 22:00|料理とパン、お菓子
我が家の庭のレモンが今年は表年らしく、なりが良い。
レモン、かぼす、橙など種類は何でもいいけれど、庭に柑橘の樹があるとすごく便利。
かぼすを作っていた頃からの習慣で、我が家では納豆に柑橘は欠かせないものになっている。
納豆にレモンはさすがに酸っぱすぎて使えないが、料理に使ったり夫が晩酌のビールや焼酎に浮かべたりと使い道には困らない。
親戚にも送ったがまだまだ使い切れないくらいある。

無農薬の国産レモンは貴重品。我が家のレモンは見た目はゴツいがスーパーで売られているレモンと比べると
二回りくらい大きく、果汁もたっぷり。これから寒にあたると果汁が抜けて風味が落ちてくる。
そうなる前に長期保存できる塩レモン作りに挑戦してみることにした。

DSC08973.jpg  DSC08983.jpg

(左)庭の西側にあるレモンの樹。外構工事の際にバッサリと強剪定してしまったので樹勢の衰えが心配だったが
立派な実をたくさん付けてくれた。レモンの樹って案外強いのかもしれない。
(右)今年は雨が少なかったおかげか、果汁をたっぷり含んで丸々とした実になった。

DSC09027.jpg
左のビンにはフランス式に丸ごと漬け込んだ。右は小泉武夫先生のHPに載っていた作り方を踏襲。
料理によって使い分けられるようにと、櫛形切りと輪切りの二種類を同じビンに漬け込んだ。

発酵が進むとレモンの色は黄色から鮮やかな山吹色に変貌するらしい。成功の秘訣は毎日ビンに
木べらを入れてレモンを押し込み、水が上がるように塩と馴染ませること、とある。
発酵食品を作るのは久しぶり。ちゃんと出来るかなぁ。
2022.12.01 10:15|料理とパン、お菓子
頂き物のプチトマトがいい加減溜まりすぎたので、トマトの水煮を作りました。
参考にしたのは有元葉子先生のドニチェフ。これも20年以上前の本ですけど、内容にまったく古臭さを感じないどころか
時には新たな発見があるところが有元葉子先生ならではです。

DSC08991.jpg DSC08990.jpg
「土曜・日曜・シェフ」でドニチェフ。年に一回位の頻度で発刊されていた幻の雑誌。実用的でありながらセンス抜群。
こういう料理雑誌、また出して欲しい。

DSC08988.jpg DSC08994.jpg
規格外だとしてハネられたトマトだけれど、味は売り物と変わらない。形が揃わないというだけで日々大量の食品が
廃棄されている現実。見た目に拘る日本の消費者にはぜひとも一考して欲しい問題。

DSC08999.jpg DSC09001.jpg
(左)半割にして種を取り除いたトマトをビンに詰め終わったところ。
(右)ビンが浸かる深鍋に入れ、30分煮沸。自然に冷ましてその後は冷蔵庫保存。

だいぶ前ですが、有元葉子先生がご自分のことは料理研究家だとは思っていない、料理研究家というのは
辻静雄氏のような人の事を指すのであって、自分が料理研究家と紹介されることさえおこがましく感じる、と仰っていました。
似たような理由で平野レミさんもあえて”料理愛好家”と名乗ってらっしゃいますが、辻静雄先生へひとかたならぬ尊敬の念を抱く私は、
それ以来”料理はおしゃれだけど実用的じゃない”と感じていた有元葉子先生への見方が変わり、敬意をを抱くようになりました。

有元葉子先生の場合、シンプルで心地良い暮らしを提案するというライフワークを支える柱のひとつとして
料理が存在している印象です。だから、料理はあくまでも広範な活動の一分野に過ぎないのかなと感じます。
2022.12.01 09:35|料理とパン、お菓子
付属のレシピ帳にあった『枝豆のスープ』を参考に、ブロッコリーとキャベツのポタージュを作ってみた。
”材料はココまで”を示した線を超えないよう、材料を加えていく。今回はレシピ通り牛乳のみ使用。
いざ、試作開始。

DSC08958.jpg DSC08959.jpg
スープのレシピははっきりいって少ないけれど材料を変えれば様々にアレンジできる。
ついつい忘れてしまいがちな冷蔵庫の半端な残り野菜も、これからは美味しく成仏させることができそうだ。

DSC08961.jpg DSC08964.jpg
材料投入から出来上がりまで20分弱。最終盤の攪拌の際に大きな音がするけれど概ね静か。
そして繊維質を感じない非常に滑らかな仕上がり。難点は、牛乳だけだと底が焦げ付いてしまうこと。
この焦げはクリーンモードでは完全に落とすことができないくらい手強くて、メラミンスポンジでゴシゴシこすって
何とか落とすことが出来た。毎回これをやらねばならないとしたら気分的にかなり減点したくなる。

そこで、2回目では水と牛乳を半々にしてこの点を解決し、牛乳を減らした分のコクは仕上げに生クリームを少量加えて補った。
3回目の今日はバナナジュース。バナナ1.5本に牛乳100㏄位。加熱なしのジュースモードは出来上がりまであっという間。
出来たてのバナナジュースは、高校生の時によく行った仲見世8番街・富士男のジュースコーナーのバナナジュースに
優るとも劣らない感動の美味しさだった。

今回、スープとジュースは極限まで手間を省こうとまな板も包丁も使わずに作った。
洗い物は本体とスパチュラ、スープカップのみ。スープメーカー本体外側は水濡れ厳禁につき洗浄がやや面倒だけれど、
手間と言えばその程度。こんなに簡単に本格的なポタージュスープとジュースを自宅で作ることができるとなれば
高評価しないわけにはいかないだろう。これは買いである。
2022.11.13 19:56|料理とパン、お菓子
今年から試験的に導入している芽キャベツ。
結球していない芽かきしたものをスルメイカと合わせてバター炒めにしてみました。

NHKで芽キャベツ特集を聴いた夫の、『これは売れるで!』という鶴の一声で栽培することになったのですが、
夫の見立て通り戦力となり得る野菜なのかはまだ未知数です。

正直なところ、私自身人生で芽キャベツを買った記憶がないくらい興味のない野菜だったんですよね・・・。
そういう感じなので調理法がよくわからなくて、芽キャベツというとシチューくらいしかイメージが浮かびませんでした。
こういうメジャーでない野菜は、ポップを立てたりレシピを同封する等工夫しないとなかなか売れないものです。
消費者に買ってみようかなと思ってもらうために、生半可な提案では難しいです。

これ絶対美味しいから作ってみて下さい!と太鼓判付きでおすすめできる料理を提案できるよう、
今からせっせと芽キャベツ料理に励む予定です。

販売は今月末からの予定です。
ふれあい広場ふくま、レガネット福津店、ルミエール福津店他に出荷します。
永香農園の芽キャベツ、見かけたらぜひお試し下さい。

DSC088431.jpg
2022.10.29 21:03|料理とパン、お菓子
どうせ作るのなら大きく立派な野菜を作りたいというのは農家の性。
しかし昨今のミニ野菜の流行ぶりを見ると、標準サイズの野菜の需要は年々少なくなってきているのかなと思います。

昔は大きいのが当たり前だった白菜、スイカ、ダイコンも次から次に小さい品種が出てきていますし、
産直場でもそっちの方が売れ行きが良かったりします。我が家の場合も、冷蔵庫のスペースの関係上
白菜も大根もミニサイズを買うことが多いですね。これも時代の流れなんでしょう。

さて、今日は特大サイズのシルクスイートの試食をしました。
サツマイモは大きすぎると売れないため、巨大化しないよう苗の植え方や施肥に工夫が必要ですが
どうしても規格外のものは出てしまいます。今日はそういう芋が売り物にできるのか味を見てみました。

DSC087981.jpg
鶏もも肉と素揚げにしたサツマイモを、半飴状になるまで煮詰めた煮汁でからめました。
煮汁は酒、みりん、黒砂糖、濃い口醤油で甘めに作り、仕上げに加えた生姜汁が味を引き締めます。
元は道場六三郎さんのレシピ。
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR