FC2ブログ
2019.01.31 07:27|好きなこと
羽生くん特集のアナザーストーリーズ、めっちゃ良かったらしいですね。
うちはTVがないので見られないのですが、よく行くフィギュアブログ主様がお三方の全訳をのせて
くれていて、それを読んだだけでも泣けてきました。最近のもやもや(ネイサンの超高得点とか)を
吹き飛ばしてくれた、というツイに激しく同意します。

これは私達ファンに向けてと言うよりも、リハビリ中の羽生くんへのエールとみて間違いありません。
なんてドンピシャなタイミング、ベストな人選!ゆづハビ応援ブログ様によれば、インタでハビの
人柄に魅せられた、アナザー落ちのハビファンが急増中だとか。NHKさん、ほんっとありがとうございます!

特に嬉しかったのは、ディック爺が真央ちゃんに言及してくれたこと。
フィギュアは競技以前に観客を呼べる劇場になっていなければダメだと言う爺が、自分が見たいと思う
スケーターに、ジャネット・リン、伊藤みどり、そして浅田真央の名前を挙げたのです。
(羽生くんは当然で、ダイヤモンド級だと超絶賛しています)

『そして浅田真央。彼女はゴージャスだった。まさに名女優。
他の選手にやれといっても絶対にできないパフォーマンスだった。』


毒舌でつとに知られるディック爺の事ですから、日本向けのリップサービスとも思えません。
そして確かに私が見てきたディック爺の解説で、浅田真央に最大級の賛辞を送っているのを
何度も聞きました。

真央ちゃんシニアデビューシーズンのGP初戦はスケートアメリカ。そこで披露された初代ノクターンの
解説で、「・・・彼女はこれまで私が見てきた中でも最高のスケーターの一人だ」と、魅入られたように
呟いていたのが忘れられません。ディック爺は背中のラインが美しい選手が好きなようで、真央ちゃんの
バレエ仕込みの姿勢の美しさにたびたび言及しています。

対照的に、好みでない選手には容赦なく毒舌を浴びせるのも爺です。どの大会であったか記憶は曖昧ですが、
キムヨナの演技中に「彼女はエレガントなスケーターです」という相方のペギー・フレミングに対して、
「彼女がエレガントだって?君、メガネかけた方がいいんじゃないか?」
とバッサリ切り捨てたのには笑ってしまいました。痛快無比な爺の解説、大好きだったなぁ。
2019.01.30 21:39|農業
NHKの7時のニュースで、酪農家の減少に歯止めがかからず生乳の生産量が激減し、
海外からのバターの輸入量を50%増やすと言っていた。

バターの品薄は今に始まった事ではなく、以前の自分のブログ記事を確認して見ると
2007年頃から10年以上も続いている。当時は商売でケーキを作っていたから
バターが手に入らない影響は大きかった。「配給制になるかも・・・」とまで
書いているくらいで、相当深刻な状況だった事がうかがえる。

設備投資の額が農業とは比較にならないほど大きい酪農は、参入のハードルが高いため
廃業などで減少すると数を回復するのが難しい。それ故酪農家には農家以上に手厚い保護が
必要なのであって、安易に海外から輸入などせず、税金を投入してでも国内の酪農家の数そのものを
回復させる事が必要だ。

国内産のバターがいよいよ店頭から消え始めた時、ものは試しとニュージーランド産のバターを買ってみた。
羊が人間より多いという国だからバターだって美味しいはず、と。そころがそのバターはやけに黄色くて乳臭く、
これがいわゆる”バタ臭い”って奴かと合点がいった。日本のバターは美味しかったんだ、とその時初めて知った。

こういう政策を最終的に決めるのが大臣なのか官僚なのか知らないが、
『国内でまかなえなくなったら外から買えばいい』という発想はもうやめて頂きたい。
食糧政策は国の根幹であるはず。今の不穏な世界情勢を見ても、海外からの輸入に頼れる
時代が今後いつまで続くかわからないのだから、自分達の食料は100%自給できる体制を
整えておかないと。腹が減っては戦はできぬ、って言うじゃないか。

最後は自分らのおまんまを自分らでまかなえる国が一番強いと思うんだけどね。

PICT9287.jpg

国産の美味しいバター。上からよつ葉乳業、タカナシ、カルピス、明治。
2019.01.29 21:33|好きなこと
伊良部先生シリーズから読み始めてハマった奥田英朗。

短編集『ガール』は、働く女性の姿を通して、男社会で働くことの難しさと女性のたくましさを描いた作品。
徹頭徹尾女性目線で書かれていて、その心理描写の巧みさに私は、奥田さんってばもしかしてオネエ?と
要らぬ心配をしたほどである。

1話目の『ヒロくん』。大企業の女性管理職が、体育会系の年上男性部下との確執に悩む話。この中に出てくる、
『男は立ててもらえるのに、女は立ててもらえないんですか!』
という主人公の悲痛な訴えが切なかった。働く女性であれば一度は抱く疑問ではないだろうか。
それに対する上司の答えは何だったっけ?と、本棚を探すも見つからない。どこやったんだろう?
伊良部先生シリーズと『ガール』は、落ち込んだ時に読むと元気が沸いてくるのだ。
だから常に手元に置いておきたい。後でもう一度探してみよう。

さて、すったもんだの末、終盤主人公が部下に言い放つ台詞が痛快だ。
『そんなに女と仕事をするのがイヤなら相撲協会にでも就職したら?あそこは男しかいないからね』

粒揃いの作品の中でも特に、『ヒロくん』、『ガール』、『マンション』の3編は話の面白さと読後の爽快感が素晴らしい。
男の見栄っ張りなところと狭量な部分がよくわかると同時に、宮仕えの男の悲哀、女の可愛さ、したたかさが余す
ところなく描かれている。女の事がよくわからない、とお悩みの男性にもぜひ読んで頂きたい。特に女性部下を
お持ちの管理職の方はすごく勉強になるんではなかろうか。『ガール』の男性版『マドンナ』と合わせて読むのも、
男女の考え方の違いがよくわかっていい。

女って何かと大変だけど、楽しくもある。女に生まれたこの人生、楽しまなきゃソン!と思える、女子必読の書。
2019.01.29 17:57|料理とパン、お菓子
冬のバナナはきれいに熟れなくて、ところどころ黒くなってしまうことが多いのですが、
そんなバナナもマフィンに入れれば美味しいお菓子に変身です。
Allrecipesに星の数ほどあるバナナマフィンのレシピから、今日はこちら↓
Ultimate Banana Muffins
4479074.jpg
(写真はお借りしました)

つぶしたバナナに砂糖、卵、溶かしバター、粉を順に混ぜていくだけの超簡単レシピです。
こんなおおざっぱな作り方で大丈夫なの?と不安になりますが、ちゃんと美味しいマフィンが出来ました。
食感もふんわりと上々な仕上がりです。あと10~15㌘程度砂糖を減らしてもいいかな。
大好きなピカンの歯触りがいいアクセントになってます。

DSCN39601.jpg DSCN39631.jpg
2019.01.28 21:24|料理とパン、お菓子
「渡辺みなみさんのアメリカンケーキBOOK」より、ブルーベリーマフィンを作りました。
当初はAllRecipesでフォローしているChefJohnのブルーベリーマフィンを作ろうと思って
いたのですが、サワークリームが足りなかったのでみなみさんのマフィンにしました。

配合と作り方が多少違うくらいで、二つのレシピの材料はほとんど同じ。ChefJohnのレシピは
サワークリームもブルーベリーもたっぷり入ります。これもすごく美味しそう。次回はChefJohnを
作って味の違いを確かめてみようと思います。

Chef John's Blueberry Muffins
5478408.jpg
(画像はお借りしました)

1996年のTANTO特別増刊号。20年以上前の本なので、だいぶくたびれてますけど大切な愛読本です。
TANTOで不定期に渡辺みなみさんが紹介してくれるアメリカンケーキが楽しみでした。他とはひと味も二味も違う、
自由で大らかなアメリカのお菓子。みなみさんがアメリカ菓子の本を出してくれるのを長いこと待ち続けていますが、
本も出されてないようですし、料理雑誌でも全然お見かけしませんね。

TANTOもいつの間にか休刊に。最近では見られない遊び心のある雑誌で、毎月楽しみにしていました。
今時の料理本はブロガー主流で素人っぽさが売りみたいですが、TANTOはプロが考えた家庭料理が満載の、
とても実用的な雑誌でした。復刊して欲しいな~。

DSCN39451.jpg DSCN39401.jpg

ブルーベリーは生協で買ったカナダ産。粒が日本のものに比べてすごく大きくて、酸味も強い。
でもこの酸味がお菓子にぴったり。初めてのブルーポピーシード、量が少なかったのかプチプチ感が
あまりなかった。3倍くらい入れても良さそう。
DSCN39501.jpg DSCN39541.jpg
2019.01.28 19:00|好きなこと
いや~・・・、全米、ネイサンのFPのスコアエグかったっす。そこまでやるかみたいな。

見てませんけど、素晴らしい演技だったみたいですね。4クワドですか?苦手のアクセルもすっかり
安定しちゃって、これじゃあ全く付けいる隙がないじゃないですか。
さて、スコアを見たらTESのGOEはほとんど4か5で、PCSは10点ばっか。所詮ナショナルだと言ってしまえば
それまでですが、全日本でもこれくらい大盤振る舞いすればいいんですよ。外にアピールする絶好の機会なんだから。

羽生君が初優勝した福岡GPF大会、ネイサンはジュニアで出場してて、その時彼の演技を初めて生で観ました。
当時からポテンシャルの高さは評判で、その時も若干14才ながら優勝候補だったんです。ところがSPで転倒し、
優勝はボーヤン、ネイサンは3位でした。当時は、年齢の割に表現は巧みだな、くらいの印象でした。

それが今やすっかりクワドキングになっちゃって。正直言いますと、私はネイサンがあまり好きではありません。
何故かというと、P・チャンを猛スピードで追い上げてきた頃の羽生君を彷彿させるからです。怖いのです。
勝利へのあくなき執念、気持ちの強さ、聡明さ、ハンターの狩猟本能。羽生君と同じにおいがぷんぷんします。
たぶん羽生君もそう感じているのではないかと。

しかも彼は五輪で一度、逃げ出したくなるほどの重圧と恐怖を味わっている。そういう経験をした選手は
簡単には崩れなくなります。母国韓国でのGPFで、熱狂的な応援に泣くほど怖い思いをしたキムヨナもそうでした。
彼女はあれ以降崩れなくなった。五輪でさえもあの時の恐怖に比べたら可愛いく思えたのでしょう。
この事は、ウルヴェ京さんも仰ってましたね。五輪の演技直前の彼女のリラックスした様子を見て、
「おそらく何か想像を絶する体験をしたのだろう。でなければ、初の五輪でああいう表情はできない」と。

相手に不足無し。さいたまの世界選手権はもうすぐです。羽生君のけがは順調に回復しているという
オーサーの言葉を信じて待ちます。そして彼には、この強いネイサンを美しく完璧な演技でねじ伏せて勝って欲しい。
2019.01.27 21:55|農業
早いもので来週には立春です。
昨日は凍える寒さでしたが、今日は一転、うららかな春を思わせる一日となりました。

午後から露地畑にネギ苗の定植作業。ハウスで越冬したネギなので、露地に植え替えると
花芽分化が心配です。タキイによると、越冬ネギは3~4月に摘蕾して仮植えしなさいとあります。
しかしそんな時期まで置いとけないし、ハウスの空きもないので、坊主が出てもしゃーないと
諦めるしかありません。

DSCN39291.jpg

夫が畑の斜面に自生している蕗の株元から、ふきのとうを摘んでくれました。
まだ固いかな、と言いつつ、「明日の味噌汁の具にして」と何だかちょっと楽しそう。

DSCN39301.jpg DSCN39341.jpg
2019.01.27 18:03|料理とパン、お菓子
なんとなく気分が晴れない時、リフレッシュにはケーキ作りが一番です。本日は下井佳子先生の本から、
飽きるほど作って食べたカボチャのシフォンケーキを作りました。この本はカボチャシフォン作りたさに
買ったといっても過言ではありません。他はきれいなのにカボチャのページだけひどく汚れています。

DSCN38601.jpgDSCN38751.jpg

カボチャが大好きで、一時期カボチャの料理とお菓子ばかり作っていたことがあります。
今ではすっかり食べ飽きてしまい、かぼちゃのお菓子は滅多に作らなくなりましたけれど、
かぼちゃLOVE時代に自分で開発した(大げさな・・)かぼちゃのスフレチーズケーキと
ベイクドチーズケーキは、自分で言うのも何ですが名作だと思います。

思い出したら久しぶりに作りたくなってきました。
ただ、総じてかぼちゃのお菓子は、かぼちゃ自体の味に美味しさが左右されるので、
あまり甘くないのに当たってしまった時は作らない方がマシです。フレークやペーストも
カボチャを加熱して裏漉す手間が省けてお手軽です。アメリカ製の水煮缶が手に入れば
使う手もありますけども、水っぽくて不味いと聞いたので私は使ったことがありません。
北海道産と明記してあるフレークが味が良く、何より安心でおすすめです。

DSCN38791.jpg

焼き上がったカボチャシフォン。黒く見えるのはかぼちゃの皮。かぼちゃの甘みがもう少し欲しかったかな。
もし手に入れば、九重栗という品種のかぼちゃが甘くてホクホクでお菓子作りには最高です。
2019.01.26 18:32|日々のこと
昨日まで暖かかったのに、今日は一転大荒れの天気。
午後からはとうとう吹雪いてきました。

DSCN39261.jpg

現在は雪から雨に変わりました。九州は雪が積もると高確率で交通が麻痺します。
何年か前の大雪の時は、ハウスが潰れそうなくらい積もって肝を冷やしました。
今回は大丈夫でしょう。
2019.01.26 18:04|農業
ハウス栽培の小ネギで葉身が縞々になっているものを時々見つけます。
こういうの↓
DSCN39081.jpg

今日は大量に収穫した中で2本ありました。縞模様以外に気になるところはないネギですが、
商品にはできないのではねてます。以前気になって調べた時に、これは萎縮病だという記述を見かけました。
病気にしては、縞々症が広がるわけでもないし根もいたってきれいです。Mg欠乏症かと思いまして、
硫マグを葉面散布したこともあります。病気、もしくは生理障害のいずれにしても、偶発的にしか見られない
症状なのでそれほど気にはしていませんが。

ご存じの方いたら教えて下さいませ。
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR