FC2ブログ
2019.05.15 20:51|日々のこと
新聞記事を見返していたら、大変心に響く記事を見つけたので、自分用に記録。

漫才師、内海桂子師匠 「苦労せぬ稼ぎ 本物じゃない」より抜粋

・・・貧乏したくなければ、働きゃいい。とにかく体さえ動かしていれば銭もうけができた。
もちろん、今とは時代が違います。でも長い芸人人生でわかったのは、動いている人にだけ
運が向くということ。最近はすぐに「手当だ、何だ」なんて、お上に依存しがちだけど、まずは
「自分でどうにかしよう」と考え方を改めるべきじゃないかね。


苦労なしに稼いだカネは本物じゃない。苦労知らずはろくなもうけ方をしないね。
稼ぐのは確かに大事。でも必要以上のカネも心を貧しくする。
今は働いて稼ぐにしても「自分のため」っていうのが多い気がする。稼ぐってことは、
周りも幸せにしなきゃだめ。本当の稼ぎで、自分の周りに花を咲かせなさい。


働かざる者食うべからず、という格言もあるように、”勤労は美徳”という考え方は、日本人が
長い年月かけて培ってきた強固な価値観だと思うが、最近はそれが崩れつつあるように感じる。
働かなくて済むなら働きたくない、サラリーマン辞めて主夫がしたい、とのうのうとのたまうような
若い男性もいるくらいだから、それを大っぴらに言っても許容されるような社会の風潮が醸成されつつ
あるのだろうと思う。

地道に汗水垂らして働くことをアホらしく感じたり、お金を動かすだけで大金が転がり込んでくる投資家や
IT長者に憧れる若者が増えるきっかけになったのは、村上ファンド事件やホリエモンの登場だろう。
自分にはできない仕事だし憧れも全然ないので想像するしかないけれど、そういう手段で得たお金ってどうなん?
そこに有り難みはあるのか?と疑問に思ってしまう。

”楽してなんぼ”みたいな時代の風潮を尻目に、今日も一袋百円の野菜作りに励む私達。
そんな自分達がわけもなく誇らしいと思う今日この頃。私達にとっての農業は職業であり、生き様なのだ。
2019.05.15 20:03|農業
注文していた茅乃舎だしが届いた。
うちでは和風のだしを使った料理では、もっぱらこれのお世話になっている。

仕事から帰って晩ご飯を作るとなると、どうしても手っ取り早い炒め物中心になってしまうのが悩みの種だった。
予め明日は煮物を作ろうと考える余裕がある時は、前日に昆布と鰹節でだしを引いて保冷しておけるけれど、
日々仕事に追われる生活ではそれもなかなか難しい。5分ほど煮れば味の良いだしがとれる茅乃舎だしは、
私の料理作りには欠かせないものになっている。

和風インスタントだしを使わなくなって20年。あれはあれで便利なものだと思うが、あれを使い続けていると
人工的なアミノ酸の味に慣れてしまい、きちんととっただしの味が物足りなくなってしまうという弊害がある。
中華料理や洋風料理ではやむを得ずインスタントだしを使うこともあるけれど、極力使用を控え、使う場合も
化学調味料不使用のものを選んでいる。

茅乃舎だしを使う理由は、試した出汁パックの中では一番味が良かったことに加えて、茅乃舎に対する
特別な思いもある。茅乃舎と永香農園には浅からぬ縁があり、久原本家の農業生産法人、「美田」の
責任者であった黒田さんとは、最初の出会いから十年以上を経た現在でも付き合いが続いている。
夫が受けた新聞の取材記事をご覧になった黒田さんから連絡を受けたのが、今に続くご縁の始まりだった。

061014ショウガを視察する黒田さん1
出会って最初の頃、大柄なのが黒田さん、生姜を持つ小柄な男性は谷野さん。
数年前に久原本家を退職された黒田さんは、現在奥様のご実家がある大分で義両親の椎茸農家を
手伝いながら、ご自分でも野菜を育てる生活を送っている。

PICT00641.jpg
夫を介して取引が始まった美田と上西郷の生産者グループ。ある日、茅乃舎にお招き頂いて
私達の作物を使ったコース料理をごちそうになった時の1枚。
PICT01161.jpg
その時のメニュー表。

PICT25561.jpg
これはまた別の日に、茅乃舎のお得意様を招いたレセプションに生産者の一人として商品を携えて
参加した時のもの。
PICT25521.jpg
この会には、日本におけるスローフードの提唱者、福津市出身の島村奈津さんの姿もあった。
2019.05.15 19:04|日々のこと
ブログを書く時に、特に注意していることがいくつかある。
① 毎日更新
② なるべく人を貶さない(あくまでなるべく、です)
③ 可能な限り横文字を使わず、日本語を使う

特に3番目。安易に横文字を使うようなことは絶対したくない。夫も私も、目と耳から入ってくる
横文字言葉には心底うんざりしているのだ。挙げればキリがないけれども、例えばスイーツ、リベンジ、
コンプライアンス等々・・・。立派な日本語があるのに、何故使わないかな、と思う。こうやって死語が
どんどん増えていくんだろう。

ラジオを聴いていても、「〇〇ってどんな意味?」「さあ、△△ってことじゃない?」という会話を頻繁に交わす。
そのうち、日本で日本人相手の放送を聴くのに英和辞典が必要になる時代が来るのじゃないか。冗談じゃない。

スイーツにしたって、最初はひどく耳慣れなくてそのうち消えていくだろうと思っていたけれども、
今ではNHKでさえスイーツ、スイーツと乱発している。和菓子、洋菓子、ケーキ、もしくは甘いもの、で
いいんじゃないのと鼻息荒くしてしまう私達夫婦はおかしいのだろうか。

こういう流行に真っ先に飛びつく人達って、自分を知的に見せたいという見栄でもあるのだろうか。
それなら逆に正しく美しい日本語を使う方がよほど知性があるように見えるのに、と思う。

英語が喋れることがエライ!みたいな悪しき風潮が蔓延しているけれど、言葉というのは自分の考えを伝えるための
単なる道具であって肝心なのは話の内容である。日本人ならまずは正しく美しい日本語を身につけるべきなのに、
小学生から英語の勉強をさせるなんて、本末転倒も甚だしい。

世界に数多ある言語の中でも、日本語は語彙と表現が非常に豊かな言葉だという。この素晴らしい母語を
守るために、日本人自身が日本語の素晴らしさを再認識しないといけない時に来ているのではないだろうか。
 
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR