FC2ブログ
2019.06.20 22:01|農業
一部のハウスネギで気になる症状が出ている。

DSCN55901.jpg

DSCN55891.jpg

DSCN55911.jpg

高温による生理障害だと思って放置していたが、胸騒ぎがして調べてみた。
確信は持てないが、どうもボトリチスのようである。ボトリチス菌属にはいくつか種類があり、
ざっくり言うと冬場に病気が出る菌がスカモサ、夏場に病気が出る菌がシネレアである。
シネレアは、細かい白斑症状が出るスカモサとは明確に違う大型病斑が特徴で、灰かび病とも呼ばれるが、
同じシネレアが病原菌であっても、ネギ類の場合は葉枯病と呼ばれる。

シネレアが原因の葉枯病に効果がありそうな薬剤を調べてみた。その中で予防と治療効果があり、かつ
耐性菌が確認されていない薬剤は、セイビアー、ポリオキシンAL(アザミウマでも登録あり)、ポリベリン水和剤、
アミスター、ストロビー。このうち手持ちは、セイビアー、ポリベリン、アミスターで、収穫日が14日のポリベリンは
×なので、前日のセイビアーか3日のアミスターということになる。他に、予防剤としてダコニールも有効。
2019.06.20 18:42|農業
ムシムシした一日だった。
こういう暑い日は、「よし、行くぞ!」と意を決して外作業に出る。そうしないと一歩を踏み出せない。

DSCN55801.jpg
小ネギの皮むき作業後、色んな虫に食われてぼろぼろ状態のてごろ菜に殺虫剤を噴霧した。

DSCN55841.jpg
モロヘイヤ用にマルチを張る夫。黒と銀マルチを張って出来を比較する予定。
シルバーマルチは遮熱と反射による虫の忌避作用が期待できる。

DSCN55851.jpg
主に落花生とにんにく用に使うマルチ張り機。細かい調整がすごく面倒らしいけれど、
3人がかりで張っていた手作業の頃は重労働だったので、それを思うと隔世の感がある。

DSCN55871.jpg
微調整をしながら、きれいに3本張り終えた。お疲れ様でした。

DSCN55881.jpg
午後から後手後手になっていた小ネギのぼっち定植作業。小ネギの苗が半分片付いてほっとした。
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR