FC2ブログ
2019.06.28 22:31|料理とパン、お菓子
本日、福砂屋のカステラを一斤頂きました。
で、以前から作りたかったカステラシャーベットを作りました。適宜切ったカステラをグラタン皿に敷き詰め、
上から純生クリームをドボドボ注いで冷凍するだけ。栗原はるみさんのオリジナルは生クリームに卵、
牛乳も加えた液で作りますが、今日は生クリームだけで作りました。

このカステラはすでに切ってあったので、冷凍庫に入れるまでの所要時間はわずか5分程度。作るという程の
手間さえかけてません。冷凍庫で3時間程度凍らせた半冷凍状態のものを食後に頂いたのですが、不思議な
食感とミルキーな味で夫も『うまいな』と食べておりました。

実を申しますと私、長崎市出身なのにカステラが苦手なのです、どうにも甘すぎて・・・。
でもこのカステラシャーベットは、凍らせてあるのと生クリームのおかげでそれほど甘くありません。
まだ1/2斤残っているので、これもシャーベットにして頂こうと思います。

DSCN56471.jpg
長崎のカステラ屋御三家、福砂屋、松翁軒、文明堂。福砂屋の創業が1624年、松翁軒が1681年、
文明堂が1900年の創業。文明堂も一応長崎で創業したのですが、今ではすっかり東京もんに
なってしまいました。その点福砂屋と松翁軒は長崎にしっかり根を張ってて尊敬します。

DSCN56491.jpg
カステラを並べ、生クリームを注ぎラップとアルミホイルをかぶせて冷凍します。

DSCN56834.jpg
出来上がり。たったこれだけの手間で、味はカステラとは似て非なる美味しいお菓子に変身していました。
2019.06.28 21:00|農業
近年急増したナメクジとカタツムリの被害は最も頭の痛い虫害である。
被害に遭う野菜はアスパラ、ホウレンソウ、てごろ菜、モロヘイヤ。どの野菜もナメクジ被害で極端に
秀品率が下がってしまうためナメクジ対策は急務になっていたが、対処療法的にコーヒー液を噴霧するか、
畝全面に椿油粕をまくくらいしか手立てがなかった。

梅雨に入り、モロヘイヤのナメクジ被害が看過できない状態になってきたので、昨日夫と二人で
コーヒーの粉末を葉っぱの上からバサバサぶっかけるという荒技に打って出たら、これが奏功した。
モロヘイヤの収穫をしているMさんが、『コーヒーが確実に効いている。今朝はナメクジが一匹もいない』と言う。
『体中コーヒーの匂いがする』と言うMさん。コーヒーの香りに包まれて収穫なんて何とも素敵ではないか。

カフェイン濃度5%のコーヒー液噴霧で殺虫効果、2%で忌避作用があるそうだが、そういう小難しい事など
考えずとも、とにかくインスタントでも粉コーヒーでも播種直後から野菜が小さいうちに畝全面にまいておけば
効果があるんじゃないだろうか。これまで八方ふさがりだったカタツムリとナメクジ対策にひと筋の光が見えた気がする。
これからこの手で行こう。

DSCN56431.jpg
久方振りにまとまった雨が降ってワサワサなってきたモロヘイヤ。モロヘイヤは肥料よりも水と太陽が
あればどんどん茂る。

DSCN56461.jpg
今日の夕方時点でまだコーヒーが葉に残っていた。夕方過ぎに結構強い雨が降ったので
コーヒーは落ちているはずである。

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR