FC2ブログ
2019.07.14 22:02|農業
モロヘイヤの収穫と調整担当のパートのMさん、近頃何となく元気がない。
毎日早朝からお昼までモロヘイヤの収穫と調整、それに小ネギとてごろ菜の調整作業に忙しく、
疲れがたまっているのだろうかと思い、それとなく訊いてみた。

すると、中腰で行うモロヘイヤの収穫作業で最近腰痛が出てきたと言う。それ以外はどこも何ともないと
おっしゃるが、お元気ではあってもMさんも70才なのである。もっと早くに気付くべきであった。
実際、モロヘイヤのような中途半端な高さの野菜の収穫作業が一番きついのである。ネギやホウレンソウは
農イスと呼ばれる発泡スチロール製のイスをおしりにくっつけ、座って収穫できるので楽なのだ。

売れ筋のモロヘイヤの出荷数を減らすことなくMさんの負担を軽減するにはどうすればいいか。Mさんには
てごろ菜や小ネギ等座ってできる野菜の収穫をしてもらい、私とAさんがモロヘイヤの収穫を行う等、
夜になって夫と二人話し合ったけれども、再度Mさん本人とじっくり話をして体調面や勤務する上での
要望がないかをきいてみるのが一番確実だろうという結論になり、近々面談の機会を設けることにした。
夫からも、「時々は共に収穫をして、作業の様子を確認することが大切だ」と言われた。収穫と調整作業を
任せっきりにして、Mさんのフォローができていなかったのは完全に私の落ち度である。

今日はさらに反省すべき出来事があった。
H君と奥さんのMさんにモロヘイヤの下枝刈りをしてもらったのだけれど、私はネギの皮むきが残っていたため
やり方だけ教えて後は夫と3人に任せて作業場に戻った。後から夫に、「あんな作業を長時間させたら腱鞘炎になる。
小ネギの皮むきは後回しにしても自分も一緒に作業して見とかな。任せっぱなし、教えっぱなしはお前の悪いクセやで

と注意された。

はい、仰るとおりでございます。教え下手でフォロー下手は自覚しているものの、忙しいのを理由に
ついそういう最も大切な部分をなおざりにしてしまう。こればっかりは常に意識し努力して身につけるしかない。

永香農園の一番の財産はお客さんでもなければましてや売り上げでもない。働いてくれる人なのだ。
と、まぁこれは夫からの受け売りであるが、まったくその通りなのである。従業員が働きやすい環境を
整えることが我々が一番心を砕かねばならない所である。今日はその事を痛感し、深く反省した一日だった。
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR