FC2ブログ
2019.09.10 14:12|好きなこと
佐藤雅子さんの『私の保存食ノート』の初版は私が生まれた昭和46年。
私が持っているものは1990年に出版された新装版の2002年第10版です。

佐藤雅子さんは東京出身で、元人事院総裁故佐藤達夫氏夫人。佐藤達夫さんは両親共に由緒ある旧家の出で、
徹頭徹尾上品な日本語で書かれたこの本からもうかがい知れるように、雅子さん自身も上流階級のご出身です。
廃れつつある美しい日本語を堪能できるこの本に目を通していると、不思議と気持ちが落ち着いてきます。
この本にはヒーリング効果がある、とひそかに思っています。

DSCN61701.jpg
表紙は50年近く前の初版本と同じ。根強いファンが多い初版本に忠実に再現したのだとか。
料理の本文はもちろん、ちょくちょく差し込まれた随筆がこれまた大変読み応えがあります。
戦中戦後の暮らし、”気位の高いやかまし屋”だった姑との数々のエピソード・・・。
読んでいて切なくなる箇所もあるけれども、朗らかで優しい女性であったと思われる雅子さんの
語り口はどこまでも穏やかで、ユーモアも感じられます。

DSCN61731.jpg

そこかしこに描かれた、戦前の日本のハイソな人々の生活を垣間見ることができる貴重な本であると同時に
先人から私達へ向けた大切なメッセージも込められています。例えば85頁「我が家の銀行」という随筆からの引用で、

「お金はたいせつだが、いやなもの」というのが私の気持ちで、人間がいちばん誘惑されやすいものです。
だから、きびしい気持ちでのぞまないといけないと思います。お金をどう考えるかということは時間や品物を
どう扱うかということにも通じますし、それよりも、もっと人間の生き方、心の問題にもつながると思うのです。


お金に不自由しない家柄の人の言葉だから、より重みがあります。
2019.09.10 13:32|日々のこと
だいぶ以前、お母様が村下孝蔵の姉君(つまり村下孝蔵の甥っ子)という若者が研修に来ていた事があります。
鹿児島出身の彼は福岡市で音楽イベントのプロデュース会社に勤務しており、将来就農することを夢見ていましたが、
半年来たか来ないかくらいで辞めてしまいました。

村下孝蔵の話が出たのはある日の休憩時間。
何かの拍子に村下孝蔵が叔父だという話になって、中学生からファンだった私は
えぇ~っ、すごいねどげん人やった?おせーておせーて』と大コーフン。
しかし年若い彼には村下孝蔵の凄さがいまいち掴めないのか、さして自慢する様子もなく、
『そうっすね、優しいおじさんでしたよ』と一言。その後も大して盛り上がるでもなく、会話は終了。

村下孝蔵さん急逝の一報に触れたときは耳を疑いました。
46歳なんて早すぎるやろ、と本当に悲しかったです。

比類無い甘い美声、美しい日本語が紡ぎ出す懐かしい情景の数々。
不世出の歌い手だと思います。

DSCN61651.jpg
ベストアルバム『林檎と檸檬』。
大ヒットした『踊り子』と『初恋』の他にも名曲がたくさん。『春雨』、『陽だまり』が特に好きです。
アニメめぞん一刻の主題歌だった『陽だまり』の歌詞から。

蝉時雨 遙か すだれ越しに 水を打つ夏の夕暮れ
石が川面を跳ねるように ときめいた君を想って

陽炎(かげろう)がゆらめく街 この場所から遠く空を見て
ああ君に会いたい 今すぐに声を聞きたい

きらきら 夕焼けの中 微笑み投げて
望みを祈りにかえたら
一番大事な事忘れずに 輝いていて欲しいよ

美しい日本語で綴られる、日本人の郷愁をかき立てる風景。
唐突な横文字や何を言いたいのかよくわからない表現などもない、わかりやすい歌詞。
村下孝蔵は永久に不滅です!
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR