FC2ブログ
2020.11.30 22:12|日々のこと
飯塚市にささやかな一人旅をしてきました。
福岡に越して17年目になるのに、滅多に福間から出ない生活だったせいで福津以外の
福岡のことを私は殆ど知りません。農業も軌道に乗って余裕も出てきたことだし、これからは
行ったことのない場所なども訪ねて、福岡の魅力を見つけたいと思ったのです。

先週訪れた久留米は結構な遠出でしたけれど、飯塚は下道で1時間かからない近場です。
近い割に名所や史跡が多く、ふらっと出かけて一日楽しむにはちょうど良い感じです。
今日は、麻生大浦荘紅葉特別公開の最終日。紅葉狩りついでに同じ市内にある
旧伊藤伝右衛門邸も見学しようと計画しました。

福津市は福岡地方に分類されますが、お隣の宮若は筑豊地方なんだそうです。飯塚・直方あたりの
コテコテ筑豊地方は炭鉱の町というイメージが浮かびますが、筑豊御三家と呼ばれる麻生・貝島・安川も
出自は違えどみな炭鉱で財をなした地方財閥なのだそうです。

さぁ、愛車のハイゼットを駆って、ナビを頼りにいざ飯塚へ。

DSC033721.jpg DSC033931.jpg 
どんよりと重たい雲がたれこめるあいにくの天気。冷たい風に時折雨が混ざります。せっかくの見事な紅葉、
晴れの天気で見たかったです。玄関前のこんもりとした面白い形の木は、金木犀と銀木犀、ヤマモモを
寄せ植えしたものです。

DSC033821.jpg DSC033761.jpg
庭も見事ですが、精緻な欄間の彫り、繊細な襖や戸棚の絵など昔の富豪の邸宅らしい趣向を凝らした
内部のつくりに目を奪われます。これぞ文化であり伝統だよなぁ、と思わずため息が漏れます。
今もこのような技術を持つ職人さんはおられるのでしょうか・・・。右は麻生太郎財務大臣の揮毫。
令和元年とあるのでごく最近のものでしょう。相変わらず素晴らしい達筆。

私は、できるならこういう古い日本家屋に住みたいのです。
縁側のある畳敷きの家がいいです。水回りさえ新しければどんだけ古くてもよかです。
フローリングは埃が目立っていけません。その点畳は包容力があり、チリや埃を包み込んで目立たなくしてくれます。

蜩やツクツクホーシが鳴く晩夏の夕暮れ時、縁側から吹き込む風を感じながら畳の上で大の字になって夕涼みしたい。
縁側と畳敷きの部屋だけは絶対に譲れません。
2020.11.29 22:23|農業
朝の冷え込みが厳しくなってきました。待ちに待ったという感じで、私としては大歓迎です。
一方、露地ホウレンソウを収穫するパートさん達には厳しい季節の到来です。

朝、まだ薄暗い7時前からパートさん達は収穫を始めます。
今朝のように冷たい北風が吹く露地での収穫作業はとても辛いもの。
風がない日は露に濡れます。どちらにしても大変なのです。そういう過酷な状況で、
時には3時間以上収穫をお願いすることもあります。我ながら鬼やな、と思いますが
心を鬼にして(?)指示を出します。

ハードな要求にも不平不満を言う人はいません。
本当にありがたい事だなと思います。

最近出ずっぱりだった最年長のMさんに、明日お休みをとってもらいました。
先頭に立ってバリバリ若手を引っ張ってくれる頼もしいMさんも70歳。今春に痛めた腰の具合も気になります。
ご本人は大丈夫と仰いますが、疲れはたまっているはずです。
ゆっくり休んで水曜日からまた元気にお願いしますとお伝えしました。

現在の永香農園は良い人に恵まれています。
本当にありがたいことです。
2020.11.28 20:51|日々のこと
〇〇さん(私)、年とっとるけんて人間のできとるとは限らんとよ

ゴネる客を何とかかんとかなだめすかし、這々の体で接客を終えた奥さんは、げんなりした様子で私にそう言った。
20代後半頃、個人商店に勤めていた頃の話である。奥さんは今の私と同年配であった。癇癪持ちの社長(ご主人)に
日々振り回されている人がそう言うのだから説得力があった。

あれから二十年。まったくその通りだと感じる今日この頃である。
私も含め、年齢分の経験値に人間の成熟度が追いついていない人は多い。
私の母などはその最たる人だと思う。腹を痛めて自分を産んでくれた母の事を悪く言いたくはないけれど、
娘から見た母は女のいやなところをかき集めてグツグツ煮詰め、煮こごりにしたような人なのである。

陰口大好きで、見た目とお金に執着し、感謝や自省の念を知らず、嫉妬深い。
年相応の包容力・思慮深さを母に求めるのがどだい無理な話なのである。

私は早くに親元を離れたから客観的に見ることができるようになったが、これまでずっと両親の近くで
暮らしてきた妹はそういうわけにいかず、絶え間なく起きるお家騒動に巻き込まれ、悩み多き日々を送っている。
自分の幸せを一番に考えなさいよと機を見て伝えてはいるものの、渦中にいるとそう簡単にはいかないらしい。

今なら母の事を冷めた目で見ることが出来る私も、子供時分は様々に思い悩んだものである。
子供にとって親、特に母親は全宇宙にも等しい存在だが、母は極めて自己愛の強い、他者に冷淡な人であった。
そのような母親に育てられた娘達は、中年になっても日々をやり過ごすのに汲々としている有様である。

近頃私は、自分が母親の性格を色濃く受け継いでいるのではないかという懸念を拭えずにいる。
上に挙げた母の性格は、我が身に当てはめてみると多少なりとも身に覚えがあるものばかりだ。
ただ、私は強突く張りではないし、しょっちゅう自己嫌悪に陥って落ち込んでいるから、少なくとも自省の心を
忘れてはいない。これが出来ているうちはまだ救いがあるはずと自分では思っているのだが、甘いだろうか。

先日、母の事で思い悩む妹に

『お母さんは最高の反面教師じゃない?』という事を言った。
毒親も、反面教師と思えば捨てたもんじゃない、かもしれない。
2020.11.27 21:16|農業
11月に野菜が供給過剰になって値段が下がるのはいつもの事なのです。
売り場という売り場が野菜であふれ、キャベツもネギも、ホウレンソウもたたき売りの様相を呈します。
畑に置いとくわけにもいかず、出したところで二束三文だけれど、売れればマシな方。
こんな状況ではやる気も出ません。もうしばらく辛抱すれば農家が報われる相場になるはず、と信じて
気持ちを奮い立たせています。

DSC033561.jpg
売り場に出せなかったホウレンソウを持ち帰ってバター炒めにしました。
これから霜が降りれば日に日に甘く美味しくなります。
2020.11.26 21:58|農業
昨日、福津市のお隣の宗像市の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されたそうです。
その影響で、夫が組合長を務める地元産直場に出荷している卵屋さんの卵も出荷停止に。
紆余曲折を経てようやく出荷までこぎつけた美味しい卵。早く出荷が再開されますように。
どの養鶏場かは不明ですが、鳥インフルを出した養鶏場は本当に大変です。周辺にも影響が及びますから・・・。




2020.11.25 21:53|料理とパン、お菓子
昼に食べたセブンイレブンのレトルトカレーが長いこと胃袋に居座って困った。
ラーメンもカレーも受け付けなくなった私の胃袋・・・、年とったなぁ。
モヒカンラーメンからずっと胃もたれ。今晩は胃に優しい大根サラダにした。

DSC033351.jpg
大根と頂き物の早生キャベツとアイコトマト、いつものカリカリの鶏皮、みかん入りドレッシング。

DSC033141.jpg
これは数日前のおかず、トマト入り麻婆豆腐。豆板醤もコチュジャンも入っていないので全然辛くない。
赤いのはトマトの色。さっぱりしながら煮詰めたトマトのコクが美味しい自慢の麻婆豆腐だ。
2020.11.25 21:42|農業
現在絶賛収穫中のホウレンソウ。天候に恵まれたおかげもあって、今年のホウレンソウは大変出来が良い。
良すぎて3箇所の畑のホウレンソウの生育が横並びになってきた。寒くなるという長期予報を受け、10月中に
播種を済ませてしまったせいである。今日発表された長期予報によれば、12月~2月の西日本は平年並みの寒さに
なるそうなので、これくらい大きくしといて損はなかろう。

DSC0331512.jpg
今西の裏。今が一番きれいな状態。17号がようやっと半分程度を採り終えたところだが、ここも並行して採ろう。

DSC0332212.jpg
18号。ここも採れるぞ。どうしよう、3カ所もいっぺんに採れない。ここは日当たりがすごく悪いので
これからはそんなに大きくならないはずだから、後回し!

DSC033261.jpg DSC033251.jpg
モザイク病か?と心配した症状は結局よくわからない。広がっているような、いないような。
成長点が萎縮しているのは気になるけれども、病気っぽい枯れ方はしていないのでとりあえず様子見しよう。
2020.11.25 21:22|農業
毎年律儀にボトリチスを発病する2号ハウスに、今年もボトリチスがチラホラ出始めた。
今週以降、最低気温が10度を下回る日も出てくるようなので防除時である。
DSC0331612.jpg
一見きれいに見えるけれど・・・。

DSC033211.jpg DSC033171.jpg
昨年発病源になったのと同じ場所に罹病箇所を発見。スミレックスを散布した。すでに周辺も感染しているだろうけれど、
対症療法的に地際からバッサリ散髪。普及所のHさんから、ボトリチスに効果のある新薬剤の情報を仕入れたので、
それも試す予定だ。
2020.11.24 13:50|料理とパン、お菓子
夕刻、梅林寺を後にした私達が真っ先に向かったのは、美味しい食べ物にありつけるお店。
修行中は緊張感からさほど空腹は感じなかったのですが、山門を出た瞬間から猛烈に腹が減ってきて
車に乗り込むやいなや、『何食べる?久留米やけんやっぱラーメンかな。それとも焼き鳥がいいかな』と
矢継ぎ早に夫に問いかける私。あっという間に俗世に逆戻りです。

寺に滞在している時に感じた、まるで魂が浄化されてゆくようなあの感覚、やはりあれは錯覚だったのだわ。
たかが一度や二度の座禅で簡単に落ちるほど、私が50年間コツコツと蓄積してきた精神の垢は薄くなかったようで。
しかし今回の座禅会で学んだものはたくさんあります。座禅会もあちこちの禅寺で開催されていますので、機会があれば
足を運ぶことにします。並行して自宅でも実践し、気長に魂の浄化を目指す事にします。

と言うわけでとりあえず近くのラーメン屋に飛び込みました。その名もモヒカンラーメン!
支店がいくつもある人気店のようです。店名を裏切らないモヒカン頭にショートパンツの奇抜な
店員さんが出迎えてくれます。客がひるむような出で立ちに似合わず、元気で愛想が良いです。
煮卵ラーメン、ギョーザ、ご飯とラーメンのセットを注文。麺のかたさは普通で。

IMG_20201123_1709181.jpg
手を付けた後の写真で失礼します。味は悪くありませんでしたけれど、胃の弱った我々にはやや油が多すぎました。
私はこの後数時間ラーメン味の胸焼けに苦しむことになります。しばらくラーメンは見たくありません。
2020.11.23 23:38|日々のこと
念願叶って初の座禅修行に参加してきました。
場所は、久留米藩主有馬家の菩提寺、臨済宗妙心寺派の古刹梅林寺。
こちらのお寺は九州屈指の座禅修行道場として有名で、座禅初心者が参加させて頂くのは
身に余る光栄と言っていいほどの、大変由緒あるお寺です。以下はWikipediaの梅林寺ページより抜粋。

梅林寺(久留米市)・・・岐阜県の妙法山正眼寺と共に修行の厳しさで知られ、この梅林寺からは香夢室など、
本山、妙心寺の管長も出している。その香夢室に十数年師事し公案を全てやり遂げた加藤耕山など、多くの名僧を
世に送り出してきた。真に修行を成し遂げようとする雲水にとってこの梅林寺は今も重きをなす道場である。


山門で出迎えて下さった久留米市観光協会の方によれば、普段はこのお寺に檀家以外の人間は入れないのだそう。
ここは修行の場であり、私達も修行をさせて頂くという意識を持つこと。私語は慎み足音なども極力立てないように
気を付けて下さいと注意がありました。国指定の史跡に登録されたばかりの有馬家代々の墓所や、精巧な彫りの
唐門など見所が随所にあります。個人的には、扁額の”紫海禅林”、”萬民威頼”等の意味がすごく気になりました。

CIMG63751.jpg CIMG63841.jpg

来年創建400年を迎えるという梅林寺ですが、明治の廃仏毀釈で有馬家の墓所を除く殆どの建造物が破壊され、
現存する建物は100年ほど前に再建されたものだそうです。

廃仏毀釈・・・仏教寺院・仏像・経巻(経文の巻物)を破毀(破棄)し、仏教を廃することを指す。とりわけ明治初期に
神仏分離によって神道を押し進める風潮の中で、多年にわたり仏教に虐げられてきたと考えていた神職者や民衆が起こした
一連の動きを指すことが多い。各地で仏像・経巻・仏具の焼却や除去が行なわれたが、この事件が仏教覚醒の好機ともなり、
日本近代仏教は廃仏毀釈をてことして形成されていった。(Wikipediaより抜粋)

明治期はまさしく仏教受難の時代だったんですね。廃仏毀釈と廃藩によって荒廃した梅林寺の再興に尽力し、
九州随一の禅道場にしたのが15世住職の猷禅玄達老師という方で現住職の東海大玄老師は19世だそうです。

案内役の雲水さんによれば、入門当時は50名を超す修行僧が在籍していたそうですが、現在は5名を残すのみで
全然人手が足りないと仰っていました。広大なお寺ですから、禅宗で最も大切な日々の作務(掃除)をこなすだけでも
大変でしょう。そこにお葬式や色んな行事も入ってくれば托鉢に行く時間すらなかなか取れないとのことでした。
我々俗世間の人間には想像もできないご苦労がおありのようでした。

たった5名で老師の身の回りのお世話から建物や庭の手入れ、日々の食事作りに座禅修行・・・。
その上食事作りは竈で火力は薪や落ち葉でまかない、数日に一度しか入れないというお風呂は五右衛門風呂で、
しかも桶3杯分のお湯しか使えないのだとか。我々が当たり前のように使っている文明の利器とは無縁の世界です。
これを修行と言わずして何と言いましょう。それらの事を知った後で味わう質素な食事は、たとえ肉や魚がなくとも
殊更に美味しく感じますし、有り難くて手を合わせたくもなるというものです。

 CIMG63961.jpg CIMG639411.jpg
さて、体慣らしの座禅から始まった修行体験の中身はというと。雲水さんと同じ献立の昼食を取ったり、
本堂にて東海大玄老師のお話しをたまわり、さらには般若経転読(600巻の般若経を読む代わりに豪快に
パラパラめくるもの)では経本で有り難く渇を入れて頂いたりもしました。雲水さん達の修行生活に
比べたら屁ほどの厳しさもない体験だったと思いますが、自分達がいかに俗と欲にまみれてラク~な
暮らしをしているのかがよーくわかりました。本当に頭が下がります。

最後まで予定されていた行事を無事終えた私達。少しは悟りの境地に近付けたかというと、一度の修行で
近づけるほど甘くはないので。座禅中も様々な雑念が浮かんでは消え、浮かんでは消え。お腹すいたな、
久留米ラーメン食べたい、それとも焼き鳥がいいかな、と何とも浅ましい雑念に取り付かれた私に、
解脱の道は遠かったようです。
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR