FC2ブログ

既視感

2022.02.09 21:53|好きなこと
この状況、初めてではない。以前にもあった気がする、というのが最初の感想だった。

妹から『もうすぐ羽生君始まるね!』とLINEが来たのが13時頃。
気にはなったものの何だか嫌な予感がしてあえて結果を追わずにいたのだ。

その後妹から続報のLINEがないところをみると、やっぱりあまり良くなかったのかもしれないと、
暗い気分で箱崎のウィメンズクリニックに到着。待合室のテレビ画面では折しも男子のフィギュアを放映中であった。
テレビ画面に映し出された羽生8位の文字に愕然とし、羽生君、なんで、何のあったと・・・とテレビに向かって
ブツブツと独りごちる私は、かなり変な人に映ったことだろう。

羽生君の演技を解説する荒川静香も悲痛な表情。どうやら他選手が開けた氷の穴に引っかかってしまったようだと。
バンクーバーの真央ちゃんも穴に引っかかって得点源のコンビネーションジャンプが跳べなかった。

当の羽生君は案外サバサバした表情でインタビューを受けていた。内心は大ショックだっただろうけど。
私もしばらくはショックで落ち込んだけれど、色々思いを巡らすうちに、これはもしかしてスケートの神様の
深謀遠慮なのかもしれないという気がしてきた。

SPで首位、もしくは首位に僅差で金メダルが狙える位置につけたとしよう。
金メダルへの欲が出てくると同時に、ジワジワと押し寄せる重圧が羽生君の心と体を鉛のように重くしていたに違いない。
そうして勝利への欲が4A挑戦への決心を鈍らせたかもしれない。今この状況になったからこそ何の迷いもなく
4Aに挑めるのではないだろうか。

3度目のオリンピックは彼のこれまでの頑張りに対するご褒美、いわばおまけみたいなものだ。
彼はこれ以上何かを証明する必要のない、現役でありながら半ば伝説と化している選手なのである。

当人が公言しているように、彼の目標は金メダルではなく史上初4Aに成功したスケーターとして
名実ともに歴史に名を刻むことなのだ。それを叶えるために神様が彼を重圧から解放してくれたのではないか。
そう思えてきたのである。

これまでにも何度もSPで崖っぷちに立たされ、フリーで起死回生の見事な演技を見せてくれた羽生君である。
ニースのロミジュリ、ヘルシンキのホプレガもそうだった。羽生君がゾーンに入ったが最後、誰も追随できないのは
私達が一番よく知っている。

思い返せばいまだに語り草となっているソチの真央ちゃんのラフマニノフのピアノ協奏曲第二番。
さらに遡るとアルベールビルの伊藤みどりのフリーも、これからも永く人々の記憶に残り続ける演技だ。
金メダル候補として乗り込んだ伊藤みどりは、SP(当時はオリジナルプログラム)で4位と崖っぷちに立たされていた。
フリーでも最初の3Aは転倒するも、再度挑んだ後半の3Aは見事着氷。史上初、女性がオリンピックで
3Aを決めた瞬間だった。二人とも金メダル獲得はならなかったが、語り継がれる演技に順位は関係ないのである。

あの華奢な少年が10年以上もの長きにわたって現役を続けてくれたことには驚きと感謝しかない。
私達ファンの願いはひとつ、羽生君が晴れやかな気持ちで五輪を終えてくれること。それだけである。

コメント

非公開コメント

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR