FC2ブログ

サルビア ネモローサ 'カラドンナ'

2022.10.26 17:01|好きなこと
数日前に近所の園芸店で見て以来、脳裏に焼き付いて離れなかったサルビア ネモローサ 'カラドンナ'。
暗緑色の葉と茎に青紫色の花という、艶やかで高貴な姿に思わず目が吸い寄せられてしまった。
欲しい・・・!でも、いざ買ってみて育てるのが難しかったり、一年草だったらイヤだ。
大丈夫、在庫は8個ある。数日待っても売り切れることはあるまい。

で、調べてみた。原産地はブラジル。シソ科の宿根草で耐寒・耐暑性共に高い。
花期は5~7月。手がかからず、放任でも花がたくさんつく、とある。

これは育てにゃソンでしょう!と本日仕事帰りに行き付けの園芸店『フォーエバー』に行ってきた。
サルビア、サルビア、残ってるかな・・と視線を巡らすと、印象的な青紫の花と黒い葉っぱが目に飛び込んでくる。
このサルビア ネモローサ 'カラドンナ'、近頃人気上昇中らしい。残り4鉢のうち3個を買って帰り、イソイソと植え替え作業開始。

うーむ、やはりこの花には抗いがたい魔力がある。

DSC08765.jpg DSC08766.jpg
花の形が最強雑草のホトケノザを彷彿とさせる。調べてみると同じシソ科の近縁種だった。
ちなみにサルビア(ラテン語)の英語版がハーブとしておなじみのセージ。花を観賞するのがサルビアで
葉を食用にするのがセージということらしい。サルビアの葉も爽やかな香りがするそうだ。

DSC08767.jpg DSC08768.jpg
私が庭仕事をしていると、決まって”母ちゃ~ん”と追ってくる愛猫タロ。しばらくしてタマもガオ~とやって来る。

DSC08769.jpg DSC08772.jpg
植え替え後のサルビア ネモローサ 'カラドンナ'(しかし長い名前である)。
科:シソ
属:サルビア
種:ネモローサ
品種:カラドンナ=親愛なる女性、という事らしい。

2年目からは大株になり、越冬前に切り戻しを行えば次の年には花をたくさんつけるとのこと。
とりあえず一年間は鉢で育て、来年からは日当たりの良い庭に移植しよう。今から楽しみだ

コメント

非公開コメント

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR