FC2ブログ

無痛MRI乳がん検診

2023.12.26 14:57|日々のこと
今や日本人女性の9人に一人が乳がんに罹患する時代。
実際、私の身近でも4人が乳がんになり、そのうちの一人は30代の若さで亡くなっている。

私も30代前半から定期的に乳がん検診を受けているが、高確率で要再検査になる。

またか、と思いつつ再検査するんだけども、幸いなことにこれまでガンが見つかりましたと言われたことはない。
私の場合、日本人女性に多い高濃度乳房でかつ嚢胞ができやすい体質だとかで、
嚢胞を病変かそうでないのか判別しにくいんだそうだ。

乳腺密度の濃さとマンモグラフィ検査の痛みは比例すると言われる。
私が毎回意識が遠のくような苦痛に耐えられたのも、乳がんの恐怖が痛みを上回っていたからに他ならない。
しかし一昨年、左胸にデカいしこりができた際に受けた検査でとうとう痛みが恐怖心を凌駕してしまった。

最初に触診してもらった医師から「シリコン入れてます?」と訊かれたほどの
巨大なしこりを抱え、2軒目の乳腺外科でマンモグラフィ検査を受けた時のこと。

そこは医師の問診の前に問答無用でマンモグラフィ検査をさせるシステムになっていた。
マンモグラフィの前は毎回緊張するし、これから先何度経験しようともあの痛みに慣れることはないだろう。

それにしてもあの時の激痛は筆舌に尽くしがたいという形容以外に思いつかないほどのものだった。
可哀そうに私の小さな乳房は、円盤型に広がった嚢胞と共に情け容赦なく押しつぶされ、激痛に襲われるのと同時に
頭からスーッと血の気が引いていくのがわかった。あとわずか時間がかかったら失神していたと思う。
その後の、乳頭に注射針を刺して嚢胞の組織液を抜くという、痛みに弱い人間が聞いたら震え上がるような処置の時も、
抜け殻と化していた私はされるがままだった。

完全にトラウマである。金輪際あんな痛い思いはしたくない。
かかりつけの婦人科の先生からは、ホルモン補充療法をしている女性は乳がんリスクが高くなるから
半年に一回は乳がん検査を受けた方が良いと言われているけれど、とてもそんな気になれない。
自治体から届いた、”50代のあなた!今なら1,500円でマンモ検査が受けられますよー”の案内葉書も放置。

そんな時、無痛MRI乳がん検診なるものがあることを知った。
これはおっぱいをぺったんこにしなくてもうつぶせになって装置を通過するだけで
乳がんを高精度で発見できるという画期的な検査とのこと。

痛みに懲りてマンモグラフィ検査に消極的な私のような女性には朗報である。
現在福岡県内でこの検査が受けられる医療機関2か所のうち、1か所は自宅からも近い。
検査料は1回15,000円~20,000円と割高ながら、あの痛みを味わわなくて済むのなら安いもんである。

コメント

非公開コメント

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR