FC2ブログ

採点競技の不毛な議論

2019.03.25 15:59|好きなこと
羽生君、国別対抗欠場です。がっかり半分、ほっとした気持ち半分、というところです。
無理しないでじっくり患部をいたわって下さい。

マッシさん始め、一部で今回のネイサンの加点が不可解だという声があがっているようです。
同じ4ルッツを跳んだボーヤンとの加点の差に納得がいかないとか、羽生君のジャンプの加点が
抑えられているとか・・・。

今回の世選の採点を見てると、バンクーバーの頃の感情がよみがえってきます。やはりフィギュアは変わっていない・・・。
バンクーバーの女子SPで、つなぎ満載でヨナより技術的には難しいプロをミスなく滑った真央ちゃんの得点が、ヨナより
5点も低くつけられた事にキャンデロロやストイコが異議を唱えます。当時女子のSPでの5点差はよほどの事でもない限り
逆転は難しい点差でしたから、キャンデロロは「スキャンダルだ。あり得ない。」とかなり厳しい言葉を用いて批判しています。
「ヨナの金メダルありき」の採点なのは明らかでした。

そしてフリ-。ミスなく滑ったヨナの銀河点の後に滑った真央ちゃんはミスをし、銅と僅差の銀。
ヨナの高得点は真央ちゃんに金はやらない、という審判からの最後通告のようにも見えました。

今回は、技術の差を点数に反映させるためにルールを改正して加点幅が大きくなったにもかかわらず、それがなし崩し的に
運用されていることがファンの不信感を増幅させているようです。ルールに則って採点しているという建前なのに、
必ずしも規定に忠実に運用されていない。注意深くみてみれば、採点から明らかに意図的なものが透けて見えるから
ファンが黙っていられないのだと思います。

そもそも、人間が主観を排除してフィギュアのような競技を採点することに無理があるんではないでしょうか。

いっそのこと、課題曲を決めて選手全員にまるっきり同じ演技をさせ、AIに採点させれば?と思います。
ジャンプの高さ、幅、流れ、着氷後のスピード、エッジの角度、バッククロスの数、削る氷の量、スピードに至るまで
評価の対象となる項目をすべて数値化するのです。そうすれば、五輪や世選のたびに持ち上がる不正採点疑惑と
無縁になっていいんじゃないかと思いますが、どうでしょう?

コメント

非公開コメント

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR