FC2ブログ

アシグロハモグリバエ

2019.04.15 05:52|農業
ホウレンソウを作り始めて、最初の数年間正体不明の虫に悩まされた。
普及所の人に実際の虫を見てもらったりもしたのだが、「ヤサイゾウムシかなぁ・・」と首をひねるばかりで
虫の正体は不明のまま数年間悩みの種であり続けた。

それが一昨年だったか、例によってあれこれ検索しているうちに、これだ!という資料を見つけたのだ。
この虫の名前はアシグロハモグリバエ。豆科の害虫であるハモグリバエ(別名”エカキムシ”)よりも何倍も大きく
見た目はヤサイゾウムシによく似ているが、ハモグリバエの名が示すように葉と葉の間に潜り込んで食害するので
接触毒型の薬剤が効かないやっかいな奴だ。

プレバソンとかディアナ、同じIRAC5のスピノエース、アファーム乳剤の効果が高く、
残効の長いこれらの薬剤を散布しておけばオオタバコガやヨトウ虫も同時に防除でき、10日前後は安泰である。

ハウスでの被害は軽微で、露地は真冬以外の秋から初夏まで被害があり、
ちょっと油断すると下の写真みたいになるので定期的に薬剤の散布をする必要がある。
DSCN50001.jpg DSCN5004.jpg
典型的な食害跡。エカキムシに比べ、食害の面積が大きい。

コメント

非公開コメント

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR