FC2ブログ

難防除雑草

2018.12.05 17:26|農業
個人的に、数ある雑草の中で特にやっかいだと思うのが、カタバミ、ホトケノザ&スズメノカタビラ。

選択性除草剤の茎葉処理と土壌処理どちらも効果が低い上、野菜種子よりもだいぶ遅れて発芽してくるんです。

そこで、現在できる最良の雑草駆除方法を考えました。
まず、全作物共通のやり方として

ステップ1:畝立てまで終えたら、水を何度か打ちながら、表面が湿っている状態を10日~2週間保つ。
       2週間でほぼ表土層の雑草は発芽するので、そこで非選択性の除草剤(バスタやラウンドアップなど)を
       散布して枯らす。

ステップ2:畑の状態をみて、定植または播種。その後茎葉処理剤か土壌処理剤を使えるものはさらに念押しの散布を行う。


これで初期の除草は完了。その後雑草の状態をみて、さらに中耕まで行えば収穫までほとんど草は生えてこないでしょう。
雑草が生え揃うのに時間がかかるので畑の回転率は落ちますが、後から除草する手間を考えればこっちの方が断然いいです。

イネ科のくせにイネ科用の除草剤が効かず、秋から春にかけて非常にやっかいなスズメノカタビラですが、
セレクト乳剤を3~5葉期に散布すればちゃんと枯れることがわかりました。油断するとすぐに3~5葉期を過ぎてしまうので、
適期を逃さず、かつ展着剤を加用してムラなく散布すれば、10日もすればだいたい枯れます。

永香農園では、随時パート・アルバイトを募集中です。農業に興味のある方なら尚歓迎!
詳しくは右のカテゴリ”農業の求人”記事をごらん下さい。


コメント

非公開コメント

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん一人、アルバイトの男の子一人。主な栽培品目はネギ、アスパラ、落花生、ほうれん草など。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR