FC2ブログ

毎度の11月

2019.11.30 20:52|農業
毎年の事ではあっても、11月からの売れの悪さにはいい加減やる気が失せる。

考えつく理由は2点。まず11、12月は秋冬野菜が飽和状態になる。そして、年内に野菜を売り切って
年明けから農閑期、という農家が多く、そういう人達はどんなに安くても売り切ろうとするから、
価格競争に拍車がかかるのだ。今は全ての野菜が安い上、消費者にとって2番手以下の店はてきめん
客足が鈍り、売れる店と売れない店の差が激しい。

ぼやいたところで仕方ないし、まわりの農家の方もみなさん安い値段で我慢して売っている。
一番売れ筋のホウレンソウはまだ100円を切っていないけれども、一人でも値下げに踏み切れば
一気に80~70円まで値崩れを起こすだろう。丹精した立派な野菜を一袋100円以下で売るのは辛い。
野菜作りにかかる経費、手間、苦労を考えると、こんな値段で売ってられっか!というのが正直な気持ちである。
葉物なら120円、根菜類は150円以上じゃないと適正価格とは呼べないと思う。

日本の食糧自給率の低さと農家の少なさを考えると、これほど野菜が余ることが不思議で仕方ない。

コメント

非公開コメント

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR