FC2ブログ

自分用覚え書き~もしも乳がんになったら~

2020.03.09 18:18|日々のこと
フォーブス連載『乳がんという「転機」』より 
 
1・乳がん初動のポイントは病院選び
   ・精密検査と手術が同時に受けられる病院が良い
   ・広告よりも口コミで選ぶ
   ・乳がんは手術の難易度は高くないので、腕の善し悪しは病院選びの判断基準にはならない。
    それよりも、その病院がどのような治療の選択肢を持っているかが大切である。医師との相性も重要。

2.自覚症状があるか
   ・しこりがあるか
   ・バンザイして鏡を見たとき、胸にひきつれがあるか、左右差がかなりあると感じるか
   ・ブラの乳頭部分に染みた跡があるか、または乳頭から何らかの分泌物があるか
   
3.乳房再建手術について
   ・手術はどの病院で受けても同じだが、乳房を再建するかどうかで違ってくる
   ・乳房が片方ないと肩こりや腕の痛みが違ってくる。仕事を続けるなら再建を視野に入れる
   ・早期発見の場合は、乳房全摘をして再建する、というケースが増えている。
    乳房再建に保険が適用されるようになり、費用負担が緩和されたこと、部分よりも全摘したほうが、
    同じ場所にがんが再発する局所再発率が下がること
がその理由である。

4.大事なこと
   ・乳がんは、正しい治療を最初に選ぶことにより長期生存可能で、5年生存率が90%を超える、
    比較的治療が良く効く病気である。開腹手術に比して体への負担がずっと少なく、通常の生活に戻れるまでの
    日数も短い傾向がある。深刻に捉えすぎず、その後の長い人生をいかに生きていくか、いかにその病気と
    付き合っていくか、そのためにどこで、どんな、誰から手術を受けるか、と逆算で考えること。

5.参考になった書籍
    ①『患者さんのための乳がん診療ガイドライン』(日本乳癌学会、金原出版、2016年)
    ②『乳がん: 治療・検査・療養 (国立がん研究センターのがんの本)』
                   (藤原 康弘 (監修)、木下 貴之、小学館クリエイティブ、2013年)
    ③『大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事』(南雲吉則、主婦の友社、2016年)
    ④『明るく前向きになれる 乳がんのお話100 (命の食事シリーズ)』(南雲吉則、主婦の友社、2016年)

6.乳がんとは慢性疾患である
    ステージ0期の非浸潤がんであれば、がん細胞が乳管を突き破る前に取り切ってしまうので、理論上は
    慢性ではなく治ることになる。だが、がん細胞が乳管を突き破ってしまった浸潤がんでは、治療が必要となる。
    たんぽぽの種にも例えられる乳がんは、初期の段階で『微小転移』を起こす。種(がん細胞)がはじけて
    遠くの土地(器官)に飛んでいき、芽を出して花を咲かせるまでは見つけることができない微小転移。
    微小転移を伴う可能性が高い場合は、一か所切れば終わり、とはいかず、術後の薬物療法が必要になる。

コメント

非公開コメント

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR