FC2ブログ

春馬君のインタビュー

2020.08.11 21:25|好きなこと
あれから3週間が経ちました。
日々の仕事をこなしながらも、意識の片隅には春馬君の事が常にあります。
この間、竹内まりやの「いのちの歌」を聴いていたら涙がとまらなくなり・・・。
春馬君にきいてほしかった、そしたら今も生きていてくれたかも、なんて考えてしまいました。

そうなった理由を今さら知ったところで彼はもう戻ってきません。
それでも無意識のうちに”三浦春馬”の名前を探しています。見つけると読まずにはいられないのです。

同じ事務所所属の後輩に大河ドラマの主演を奪われたとか、次々に新たな憶測記事が出ます。
しかしソニンが言っていたように、真実は春馬君しか持っていません。そうなった要因はひとつではないだろうし、
彼の気質とか置かれた環境、その他諸々が複雑に絡みあってあのような結果になってしまったのだろうと思います。
誰を責めたところで三浦春馬という人間が戻ってくることはないのです。

自死というものが、残された人間をこんなにも苦しめることを私は今回初めて知りました。
だから、私は絶対に自死はしないと決めました(あ、安楽死は別です)。
私みたいに最も離れた場所にいる人間でさえこんなに苦しいのだから、
彼のそば近くにいた人達の辛さたるや想像もつきません。
この悲しみが癒えるにはまだまだ時間がかかるでしょう。

聞こえてくる話に悪いものがひとつもないことが、悲しみに拍車をかけている、そんな気がします。
実はチャラい遊び人だったとか、裏では横柄だったとか、そういう噂でも聞こえてくれば
少しは気持ちも楽になるのかな、なんて思ったり。何を見てもきいても、優しくて、努力家で、謙虚で、
そして傷つきやすい春馬君の姿しか浮かんでこない。

彼の生前のインタビューにもたくさん目を通しましたが、今日見つけたものがこれまでで一番
彼の人となりを垣間見させてくれました。昨年末のものですが、ずっと生真面目に仕事の話をしている
インタビューの最後の方、彼の苦悩の一端が顔をのぞかせたくだりがありました。

心の芯まで届く歌声を求めて――三浦春馬の“圧巻パフォーマンス”を支えるものは何か

普通に生きていると、人と接することが煩わしかったり、
自分に自信がないと他人の気持ちに踏み込むことはなかなかできないけど、
でも仕事を通してなら戦えるし、寄り添うことも恥ずかしいと思わずにできるかもしれないって。

これを読むとやっぱり、芸能界にいるべき人ではなかったのかなと感じてしまいます。
次生まれ変わったら、自分の心の望むままに生きて欲しい、心からそう願います。

コメント

非公開コメント

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR