FC2ブログ

帰省1日目

2020.10.20 22:30|日々のこと
父の見舞いのため、今年の1月以来の帰省をした。
福岡に来てからこれまで帰省するのは数年に1回で、ひどいときは5年ぐらい帰らない時もあったから、
これほど間を置かず帰るのは初めてかもしれない。親もいつ何時どうなるかわからない年になってきたし、
顔を見られるうちに帰っておかないと後悔すると思ったのだ。

帰省にはだいたい九州号を利用しているが、今回は早割で九州号と変わらない値段になるJRのかもめを予約。
世間では常にマスク着用が求められているご時世にあって、私達農家の人間は仕事柄マスクをあまり着けない。
出荷や買い物の時を除けばほぼマスクなしで過ごしているので、一般に比べるとマスクの着用時間は少ないと思う。
しかしかもめに乗っている間ずーっとマスクをつけていなければならず、これがめちゃくちゃ息苦しかった。
それに加えて揺れが思った以上に大きくて、長崎に着く頃には乗り物酔いですっかりグロッキーに。
列車ってあんなに揺れたっけか?もっと快適な印象があったのだが。

浜の町周辺のホテルを取ることが多い私だが、今回は父の病院と実家に近い平和公園近くのホテルコンチェルトを
GoToで予約。こないだの楠水閤の分も含めると、私たちは随分GoToの恩恵にあずかっている。

DSC028981.jpg DSC029001.jpg
思案橋のリッチモンドより部屋は狭い。しかし、調度品や水回りの設備がとても豪華。風呂トイレ別で
お風呂はジェットバスだし、浴室TV付き。そしてこのホテルコンチェルト、地下が入り口でフロントは2階と、
設備と建物にそこはかとなく漂うラブホ感が何とも言えないなぁと思っていたら、やはり以前はラブホだったらしい。

DSC029041.jpg DSC029071.jpg
水回りの充実ぶりは元ラブホならでは(ラブホラブホ言うでない!)
バスタブも広々と気持ち良くて、チェックイン後と寝る前の2回入った。あ~、極楽極楽。

父の入院する徳洲会病院の設備のショボさに軽くショックを受ける。汚いよ、とは聞いていたので
覚悟はしていたけれど、本当に汚い。あれじゃ良くなるものも良くならないだろう。父の目が見えないことが
かえって幸いだった。施設云々以前に、看護や医療のレベルもあまりよろしくないらしい。近々、元看護師の親戚の
おばちゃんが転院できないか交渉してくれるらしいので、もちっとマシなところに移れることを祈る。あれでは父がかわいそうだ。

その父は、1月に会った時よりも小さくなっていた。あそこまで弱ってしまった親の姿を目の当たりにし、私は
どう言葉をかけていいのかわからなかった。日頃接していないせいもあろう。縁遠くなるとはこういう事なのだ。
すべて身から出た錆ではあるが、やはり寂しいもんである。

DSC029231.jpg
実家で母の手料理を食べた後、妹と浜口へ飲みに繰り出した。浜口は思案橋に次ぐ長崎第二の飲み屋街なので
美味しい食べ物屋やスナックには事欠かないが、妙齢(?)の女二人で入れるような安心でオサレなバーとなると
なかなか見つからない。一回りしたところで、焼き鳥平次系列の『ふらり』というバーを見つけ、観念して入る。
この辺りは長崎大学医学部も近く、客も店員も若い男性ばかり。チャンジャ、韓国のり、黒枝豆といった軽食を
つまみながら、私はカシスオレンジ、妹はマンゴー味のカクテルで乾杯。アルコールがあまり感じられず、
2杯目のジントニックはもちっと強めにとリクエストしたら、ムキになったような強烈なのが出てきた。

家族の話題を中心にあれやこれや2時間ばかり飲む。『やっぱ外で飲むって楽しかね~』という妹に
私も『こげんバーで飲むとよかよね~』と応じる。良い気分転換になった。

コメント

非公開コメント

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR