FC2ブログ

帰省二日目その2

2020.10.22 12:05|日々のこと
長崎駅からチンチン電車『崇福寺』行きに乗り、観光通で下車。
アーケード街を素通りし、大好きな中通り商店街へまっしぐら。
今回の帰省の目的のひとつは、新大工商店街にある平井餅まんじゅう店のかんころ餅を買うこと。
その道すがら、中通りに並ぶ個性的なお店のウィンドウショッピングを堪能した。

中通りのお店はその殆どが小体な個人経営で、昔は長崎のあちこちにあり、今ではほとんどなくなってしまった
昔懐かしい商店街の姿をそのまま残している。観光客も訪れる場所ではあるけれど、主なお客は地元の人達。
大型スーパーやショッピングモールが買い物の中心となった現代でも、肉屋さん、魚屋さん、八百屋さん、お茶屋さんに
ふとん屋さん、まんじゅう屋さんに薬屋さんなどが車も通れないような狭い露地にひしめきあい、ここに来れば生活に
必要なものはほぼ揃えることができる。昭和の空気が色濃く漂う、懐かしさで胸が熱くなるような場所なのだ。
いつまでもこのままの姿を保って欲しい。

DSC029581.jpg
帰省したら必ず訪れる馬場骨董店。鍵のかかったガラス棚にある染付け等の品は素敵なものばかりだけれど、桁がひとつ違う。
そういう品は目の保養と割り切り、いつものように店の床に積まれていたお値打ち品をガサゴソ引っ張り出して品定め。
その中から沖縄風の大らかな絵付けが目を惹く大鉢と見るからに年季の入った古代ペルシア風(あくまでも風、です)の大皿、
味のある小鉢と中皿の4点を購入。いやー、今回も良い器と出会えた。満足満足。

DSC029591.jpg
店先を冷やかしながらのたりのたり歩くこと1時間で新大工に到着。信号を渡り脇道を抜けると
目の前に平井餅まんじゅう店が見えてくる。

DSC029601.jpg
我が愛しのかんころ餅はどこ?商品棚に目線を走らせ所狭しと並んだ餅まんじゅうの中にかんころ餅2個を発見!
大福やおはぎ、蒸しパン、栗まんじゅうにロールケーキとたくさんのお菓子に思わず目移り。それらをなじみ客が
次々に訪れては買っていく。店の奥からは餅米をふかす良い匂いが漂い、その中を職人さん達が忙しく立ち働くさまが
とても清々しい。シャインマスカット大福の白あんと黒あんも購入し、店員さんに写真の許可をもらってパチリ。

DSC029961.jpg
帰宅後、夫がデザートに選んだのはシャインマスカットの黒あん。シャインマスカットって一房1300円くらいするものなのに、
丸ごと一粒使ったこの大福はが1個130円ぽっきり。実に良心的ではないか。お味の方はもちろん美味しかった。

コメント

非公開コメント

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR