FC2ブログ
2020.07.06 22:20|日々のこと
先日NHKのラジオで、作家の村山由佳さんのインタビューを流していた。
恋愛小説の旗手であり、直木賞受賞作『ダブルファンタジー』では女性の性愛を赤裸々に描いて高く評価された、らしい。
らしいというのは、私は恋愛小説とやらが苦手で、特に女性目線で書かれた作品は読みにくくて仕方がないのである。
ましてや自伝的官能小説となれば、他人の臥所をのぞき見するようなものではないか。とても読む気にならない。

愛だの恋だのと浮かれていた若い頃には、小池真理子や森瑤子(古ッ!)なども読んではみたけれど、
やはりダメだった。恋愛ものが苦手というより、女性作家の小説自体にあまり食指が動かないのである。

男性作家の作品が並ぶ私の本棚で異彩を放つのが桐野夏生だけれど、この人の文体は非常に男っぽいのだ。
同じミステリー畑の女性作家、宮部みゆきや湊かなえとは、作品中の伏線の数からして桁違いである。
男女の書き手の違いは、何となくだが細部へのこだわり方に現れているような気がする。男の方がディティールに
とことんこだわり、女性はその辺が甘い感じ。好みだけれども、私は男性作家の方が面白い。

さて。村山由佳さんといえば私の中では、料理雑誌『Tanto』の連載のイメージしかなかった。
鴨川のほとりで野菜を作りながら、のどかな生活を送る新進作家、という・・・。それが久しぶりに『クロワッサン』の
『着物の時間』で拝見した村山さんは、かつての素朴さは影を潜め、極妻風の貫禄が漂うあだっぽい女性になっていた。

離婚されたときき、おそらく自分を生まれ変わらせるような男性との出会いがあったのだろうと思った。
この二度目の夫ともすでに離婚されて久しく、今は新たなパートナーがいる様子。根っからの恋愛体質で、
人を好きになるときは後先考えないとのこと。宇野千代しかり、瀬戸内寂聴しかり。汲めども尽きぬ泉のように
沸々と沸き上がる情熱を恋愛に注ぎ込み、その体験を血肉に変え、作品へと昇華させる。小説家に限らず、
物作りに携わる人ってそういうもんなんだろうと思う。

105歳で亡くなるまで、源氏物語絵巻の世界を西陣織の帯で表現すべく創作活動を続けた織匠、
山口伊太郎さんがかつてサライインタービューでこう仰っていた。

-いい織元にになるには、何が大切ですか。

女性への恋心やね。美しい人を見ては、”ああ、この人にはどんな帯が似合うやろか。こんな織物着せたら
きれいやろな”とか。頭の中で始終あれこれ想像しますのや。ものを作る男には色香がないと。嫁はんの
ことばっかり気にしてるようでは、あきまへんな(笑)。

2020.07.06 17:52|日々のこと
ついさっき、添田町を流れる遠賀川水系の彦山川が氾濫したとの速報が入ってきた。
先日直方市を訪れたときに初めて見た遠賀川と彦山川は、広々とした河川敷の中を悠々と流れる
穏やかな姿を見せていた。様々な恵みを与えてくれる川が、人や家を飲み込む怪物と化す恐ろしさ。
熊本の出来事が昨日の今日である。もう一人の犠牲者も出して欲しくない。

近年甚大な豪雨災害をもたらしている線状降水帯という用語自体、まったく耳新しい言葉である。
50年に一度の大雨が毎年くる、なんて冗談みたいなホントの話が起きていて、過去の気象データの類いが
もう参考にならないのではないかと思わせる。それだけ劇的に地球環境が変化しつつあるということだろう。

毎年のように豪雨災害に遭っている九州地方。どの災害がいつのものだったか確とは思い出せない。
当地でも朝からずっと大雨である。ハウスのツゥタンとマイケルは雨の勢いに恐れをなし、
ハウスのネギの陰に身を潜め、すっかり怯えた様子だった。心細いなら一緒にいれば?と思うが、
まだお互いに気を許していないのだろう、それぞれ別のハウスに逃げ込んでいた。

今し方、『おもかげ復元師』を読み終えたばかりで、津波の犠牲者のご遺体復元の克明な描写に
涙が止まらなかった。濁流に呑まれた人間の体は、水中で木の葉のように翻弄され様々な傷を負う。
そのままの状態で対面された場合、生前とあまりに違う変わり果てた姿に、ご遺族は肉親の死を
現実のものとして受け入れることが難しくなってしまうという。

『可能な限りご家族の記憶にあるお顔に戻してあげたい。
そして思う存分故人に触れ、語りかけ、抱きしめてあげてほしい』

という一心で無償により取り組まれたそうである。

亡くなったおひとりおひとりに家族があり、生きてきた歴史がある。
犠牲者の数の数倍、数十倍の表には出てこない悲しみがある。
だから、これ以上一人の犠牲者も出して欲しくない。
2020.07.05 21:37|日々のこと
コロナで休校の間、近所の子供達が毎日のようにかくれんぼをして遊んでいました。
元気で良い、ゲームなんぞして家にこもっているより数百倍良いではないか、と。
しかし来る日も来る日もかくれんぼ一辺倒なので、昭和のオバサンはこういのもあるよ!と
教えたくてウズウズしてたのです。

私達の世代の女子なら外遊びの筆頭は何と言ってもゴム跳びでしょう。

♪エ~ッサ エ~ッサ エッサホイサッサ おさるのかごやだ ホイサッサ~
日暮れの山道細い道 小田原ぢょうちん ぶらさげて
ソレ ヤットコドッコイ ホイサッサ ホ~イホ~イホイホイサッサ♪

と歌いながらゴムを挟んで足で華麗なステップを踏むというものですが、小学生の頃は休み時間になると
女子が校庭のあちこちでやってました。ゴムを使った遊びではゴム跳びも人気でしたね。あ~懐かしい。

あと欠かせない外遊びというと、やっぱりかかしです。ケンパ!ケンパ!ケンケンパ!
家の前の地面に白墨でかかしの絵を描き、石を投げて遊ぶのですが、これも楽しかったわ~。

器用な父が竹馬や竹とんぼを作ってくれたりもしましたが、私は竹馬に乗れずに大層悔しい思いをしました。
そんな私の十八番は、縄をぐるぐる巻いてジャッ!と回す独楽遊び。これが得意中の得意で、コマ同士を
ぶつけ合う”けんかゴマ”もよくやりました。

家遊びでは、おはじきや指でまわす小さいコマ、花札にトランプ。昔の遊びはお金もかからない上に
環境にも優しいといいことずくめなので、今の時代にぜひとも復活させて欲しいです。

そうそう、今日数十年ぶりにおさるのかごやのステップを踏んでみました。
ちょっと息が切れつつも、体は覚えていて、最後までちゃんと踏めました!
何か無性にゴム跳びしたくなってきた・・・。今度パートさん達を誘い込んでやってみようかな。
2020.07.04 20:46|日々のこと
頑固で一本気、正義感が強い等のイメージで語られる九州男児であるが、その元は
肥後もっこす、つまり熊本の男だときいたことがある。

熊本県人率の極めて高い職場で働いた経験から言わせてもらえば、そういう印象は確かにあった。
血の気が多く短気。口は悪いが実はお人好し。男同士だとどこまでも勇ましいが、女にはめっぽう弱く優しい。
そんな人が多かった気がする。それに、私が子供の頃から大好きな山下泰裕も肥後もっこすだ。
熊本県人への好ましい印象ゆえに私は、郷里長崎の次に熊本が好きなのである。

熊本の女はどうか。熊本女=火の国の女である。
それはそうと私は長年、『火の国の女』を歌う坂本冬美を熊本出身と思い込んでいた。
だから彼女が和歌山出身と知った時は勝手に騙されたような気がしたものである。

歌のイメージが強いせいで、熊本女は触れたら火傷しそうなほどにアツイんだろうと思っている人は少なくないだろう。
しかしながら熊本男と違い、私は熊本の女性と接する機会に恵まれず、分析できるデータを持ち合わせていない。
ないなりに、ある事を思い出した。だいぶ前、パートのAさんがこういう事を言っていたのだ。

『熊本の女は辛抱強いって言うてね、昔はこのあたりでも、農家の嫁は熊本からもらいよった』

だから熊本県人は、男も女も芯が強いのである。それに、郷土愛が強いのも熊本県人の特徴であるから、
故郷に何事かあれば真っ先に支援に動き、何はおいても馳せ参じることも厭わない。今は故郷を離れていても、
いずれ必ず熊本へ帰る・・・という思いを抱いている人が多いのだ。

地震からの復興も道半ばというところへ、さらなる試練を熊本が襲った。
でも、熊本は必ず力強く立ち上がると信じている。
がんばれ、熊本!フレーフレー、く・ま・も・と
2020.07.02 21:06|好きなこと
作業場で保護したマイケル君、現在はツゥタンのいる猫ハウスで暮らしている。
猫ハウスの方が雨露をしのげるし、ツゥタンもいるしでマイケルも寂しくないだろうと思っての事だった。
もっとも、ツゥタンは入れ替わり立ち替わり色んな猫がやってきて迷惑至極と思っているかもしれないが。

マイケルはとても甘えん坊である。オス猫というのは甘え上手なのが多いけれど、マイケルの尋常でない
甘え方と華奢な体格から察すると、生後1年経っていないのかもしれない。抱っこしてもでろ~んと伸びきる
フニャフニャの体はいかにも頼りなく、餓死寸前のガリガリ状態からはだいぶマシになったとは言え、まだ完全には
体力が戻っていない感じである。

マイケルを見ていると、ツゥタンの従兄弟で、かつてここに暮らしていたカッタンを思い出す。
病弱で、いつも鼻をぐずぐず言わせていたことから、”風邪ひき”カッタンと私が名付けたのだ。
従兄弟や兄弟達が発情期を迎えて旅立っていくなか、カッタンにだけは発情期は訪れず、春夏秋冬
ツゥタンと睦まじく暮らしていた。人の保護がなければ、おそらく淘汰されていたはずのカッタン。
弱かったけれど、一生懸命生きているカッタンが健気で愛おしかった。

ある日の朝、なまずの郷の道路脇にカッタンが倒れていた。見たところ目立つ外傷はなく、果たして
車にひかれたのか、病気だったのかはわからない。夫の愛犬クゥ、従兄弟のイチや他の猫達、それに
行き倒れのタヌキが眠る通称”永香霊園”に埋葬した。

DSC019721.jpg
ウルウルと私を見つめるマイケル。いっぱい食べて長生きするんだよ。
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR