FC2ブログ

自分の居場所

2020.10.01 22:00|日々のこと
昔読んだ宮部みゆきの『蒲生邸事件』の中に、ひどく陰気で、周囲の人間にいやな感情を起こさせる男が登場する。
その男、自分から積極的に悪さをしたりするわけでもなく、言うなれば人畜無害なのに、なぜか周りの人間に悉く嫌われる。
それが、生まれてこの方人間関係に悩み疲弊している自分と重なり、話の内容をほとんど忘れてしまっても、
”根暗で陰気、かつまわりから嫌われる”というその男のキャラクターだけは覚えている。

根暗で陰気でも、彼のように時空を旅する能力でもあればまだ救われるが、私にはそんな特殊能力はない。
せいぜいネギとホウレンソウをちょこっと作れる程度のことだ。もっと明るく誰とでもうまくやれる人間だったら、と
悩んだことは数知れず。無理してそういう風に振る舞ったこともあるけれど、いかんせん本来の自分とはかけ離れた
姿を無理して演じているので長続きせず、無理した反動でさらに底なし沼に落ち込み、根暗に拍車がかかる。
結果、ますます嫌われる。

『陰気は生まれ持った気質だから変えられない』と言うと、夫は『それは違う』と言う。努力次第で変えられると。
でも夫は私の根暗の歴史と根の深さを知らない。何しろ私は物心付いた頃から人間関係に悩んできのである。

最も古い記憶の中で、私は父と手をつないで保育園に向かって歩いている。私は行きたくないと駄々をこねたのだろうが、
父はそんな私を置いて仕事に行ってしまった。一人残された私は、部屋に入ることもできず廊下の鏡で自分の泣き顔と
向き合っている。楽しかるべき子供時代の思い出はどれも似たり寄ったりで、子供らしく屈託なく過ごせたとは言い難い。

結局私は保育園を2ヶ月で中退?した。その後小学校入学まで幼稚園にも行かず家で過ごしたのだろう。
この事で私は後々まで母から『あんたは保育園中退やけんね~』と言われ、悔しい思いをすることになる。
姉も妹も幼稚園をちゃんと卒園したので、私だけが落ちこぼれだった。小学校入学後の家庭訪問でも
担任の先生から『人の輪の中に入っていけずクラスになじめません。幼稚園は行かれたのですか?』と訊かれたそうだ。
『・・・いえ、保育園を2ヶ月で中退しました』と答える母はさぞ肩身が狭かったろうと思う。

どこにいても誰といても、自分はそこにいるべきではないような居心地の悪さを感じていた。
世界と自分との間にもやがかかっているような、生きている実感にイマイチ乏しい、とでも言おうか。
唯一、猫と一緒にいる時だけは心から寛げた。猫も同じように感じているのか、人間には避けられる私も
猫には好かれる。

私は人間に生まれるべきではなかったのかもしれない。
それとも夫が言うように、前世が猫で進化の途中だからまだうまく人間社会になじめないのか。
いずれにせよ、運命のいたずらで半猫人の私と共同生活を送るハメになった夫の苦労は並大抵ではない。
せめて来世ではもう少し人間らしく生まれるか、それとも再び猫に還るかどっちかにしてほしい、と
神様にお願いしているところである。

DSC026621.jpg
ツゥタンとマイケル。来世では私も心優しい人に拾われて猫生を全うできたらいいなぁ、と思う。

コメント

非公開コメント

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR