FC2ブログ
2021.05.17 21:14|農業
倒れた小ネギを10箱分収穫し、無事に商品にすることができた。
次から次にドミノ倒しのように倒れてキリがないから、早く採りきらねばと気が焦る。

何事も焦ると良い事がない。焦りに加え、倒伏ネギのように秀品から落ちた作物の収穫・調整は手間がかかり、疲労が倍加する。
しかし小ネギだって好きで倒れたわけじゃなく、採り遅れた私が悪いのである。
だから何とか採りきってネギとしての寿命を全うさせてあげたいと思う。
2021.05.16 20:16|農業
5/14ネタの最後を飾るのは、この時期おなじみの小ネギの倒伏であります。
大雨の後の蒸し蒸しした晴れとくれば、伸びすぎた小ネギが倒れないなんてことはまずないわけで。
時系列で見ていきましょう。5/14は前日に大雨が降り、時折晴れ間のさす蒸し暑い薄曇りでした。

DSC04707.jpg
1棟目は見事に倒れています。

DSC04709.jpg
2棟目は何とか持ちこたえていますね。同じ品種ですが、かん水量、根張り、太さ、丈等の違いが明暗を分けました。

DSC04712.jpg
そして二日にわたって1棟目の倒伏ネギを必死で収穫。これは今朝の収穫後の写真です。倒伏のひどい箇所をほぼ採り終えて
ほっと胸をなで下ろした私でしたが・・・・。

DSC04714.jpg
午後にはまたこんな状態に。予想していたとは言え、この光景を目の当たりにするとショックです。
倒伏ほどやる気のなえるものはありません。明日からまた倒れた小ネギの処理ですが、たとえ倒れても二日以内に収穫できれば
何とか形を整えて出荷できます。落ち込んでいる暇はありません。
2021.05.15 19:01|日々のこと
平年より二十日早いそうで、ちょっと早すぎるような気がしますね。
野菜の植え付けや収穫など、多方面への影響は避けられそうもありません。
例えば露地ホウレンソウ。6月初旬頃の梅雨入りを見越して2反近く播種しましたが、
多雨で成長に支障が出やしないかと心配です。

そして育苗を始めたばかりのモロヘイヤ。播種からひと月後に定植予定ですが、まだ畑の準備は全然進んでいません。
十日間予報によるとずっと雨が続きます。肥料まきとマルチ張りは畑の状態が良くないとできないので、
しばらく畑には入れそうもありません。どうなることやら。

梅雨入りが早まった理由は、偏西風と太平洋高気圧の位置が影響しているとのこと。
専門的な事はようわかりませんが、太平洋高気圧は、例年よりも早く西に張り出して
梅雨前線が押し上げられる形となっているということです(by NHK)。
2021.05.15 17:43|農業
播種して二日で発芽。
いつもながらモロヘイヤは発芽するのが早いですな。
モロヘイヤは好光性種子ですが、今回保湿のために黒いビニール袋でカバーし、保温のために筵を二重にしました。
種にはひと筋の光も届かなかったはずなのに、それでもちゃんと発芽するんですよね。不思議です。

野菜は科目によって好光性と嫌光性に分けられます。ユリ科のネギやアカザ科のホウレンソウは嫌光性、
てごろ菜や水菜などアブラナ科はたいてい好光性です。ネギやホウレンソウはしっかり覆土することが
発芽率向上の必須条件ですが、水菜やてごろ菜も種が露出しているとうまく発芽できません。
根は出てくるけれどもそのままの状態では土に根を張ることができず、やがて枯死してしまいます。
この、嫌光性・好光性の基準はいまだに謎です。

DSC04690.jpg
モロヘイヤも種がきちんと土に埋まっている方がちゃんと発芽していました。種が小さいモロヘイヤは
根が出た後の乾燥にはすごく弱いようです。覆土の厚さはだいたい種の2~3倍程度が良いかなと思います。
2021.05.14 20:33|農業
本日は良くも悪くもネタに困らない日でした。
しかし一日ですべてを放出するのもアレなので、小出しにして記事数を稼ごうと思います。
5/14のハイライトはやはりコレでしょう。ニンニク収穫!

担当外の私はこの一大イベントには不参加。参加人員は男手3人とパートのAさんの4人。
馬力のいる露地作業における最強の布陣といえましょう。

DSC04692.jpg DSC04699.jpg
ボーズニンニクに泣かされた昨年とは打って変わって、収穫の喜びに満ちた作業だったと想像します。
今日は4畝のみの収穫でしたが、それでも十分な収量があがりました。
2021.05.13 17:53|日々のこと
ちょっと前から、一日のうちに何度か吐き気をもよおすようになった。
特に昼前の11時頃と帰宅後の夕方に、立っていられないほどの胸のむかつきを覚える。
昼のむかつきはお昼を食べると自然と治まっていることが多いのだが、夕方の吐き気は寝るまで続く。
胃の不調の原因である胃酸過多の症状がすでに数ヶ月続いていて、原因はおそらく更年期による自律神経の乱れ。
これを何とかしないことには毎日を快適に過ごすことは望めない。

先日、半年以上続けていたエクエルの定期購入を中止した。効果があるように思えなくなってきたのだ。
お医者さんによってはエクオール摂取の効果はプラセボ(思い込み)によるもので、医学的な効果が
確認できているわけではないという人もいる。元が疑り深い性格の私は、”イワシの頭も信心から”と
いう訳にはいかなかったみたい。

納豆と豆乳は毎日摂っているけれど、それだけで目減りする女性ホルモンを補うのも難しそうである。
そこで現在はホルモン補充療法を検討中で、近隣で更年期外来のある病院を調べているところ。
この療法は乳がん発症リスクを高める可能性があるため、女性ホルモンの量や乳腺の状態によっては
受けられない人もいる。乳がん検査で毎回引っかかる私は無理かも知れないけれど、
一度ホルモン量を検査しておいて、自分の体の状態を把握しておく事も必要かなと思う。
2021.05.12 18:02|未分類
『今年のニンニクは出来がええで~』

毎年恒例の夫のこの台詞通りにニンニクが上出来になる事はこれまであまりなかったのである。
春先の、ラストスパートとも言える最も大事な時期に赤さびが蔓延して玉が十分太れなかったり、
暖冬でボウズニンニクになってしまったり。

特に近年全国的にニンニク農家を悩ませているボウズニンニクは、暖冬が原因なので農家の努力だけでは
どうしようもないところがある。暖冬が原因ならば、と日本よりも暖かい台湾で作られている品種を調べたこともあったが、
種が手に入りにくく、現実的ではなかった。ところが昨年は農家が喜ぶ厳冬。さぞやニンニクの出来もよかろうと
思っていたが、先日夫が試し掘りをしたニンニクは予想を遙かに超える出来だった。

DSC04669.jpg DSC04674.jpg
(左)自慢のニンニクを手にする夫。就農当時から作り続けて早や20年。夫にとっては最も思い入れのある作物かもしれない。
(右)ずっしりと太ったニンニク。ボウズニンニクは殆どないそうである。
2021.05.12 17:29|農業
週間予報で最低気温が15℃以下にならないことを確認し、モロヘイヤを播種した。
モロヘイヤの種はとっても小さい。去年までは播種を手作業で行って大変な思いをしたのだが、
今年は夫がどっかから便利な道具を見つけてきた。ほんと、こういうのを見つけるのが得意な人である。

DSC04676.jpg DSC04678.jpg
(左)”種まっく”という商品で、種の大きさに合ったロールをセットし、トレーの上をコロコロ転がすだけ。かかる時間は
これまでの十分の一以下。ス~イスイと進む種まきに『こりゃええわ』とご機嫌の夫であった。
(右)3人で分業し、1時間足らずで128穴のプラグトレー24箱、3000株超の種まきが終了!

DSC04680.jpg
温床を25℃にセットし、発芽までこの状態で置いておく。
2021.05.10 22:06|農業
更年期で体調に波があるため、ブログの更新も毎日は無理になってきました。
やはり寄る年波には勝てんわい、としみじみ痛感しております。しかし更年期は全ての女性が通る道。
ここを抜けると霧が晴れて視界が開けるように快適になるみたいなので、長くてあと10年、耐えねば。

今日はハウスにトリトンを播種しました。今回で春夏ホウレンソウの播種は最後です。
次の播種はお盆過ぎ。それまではモロヘイヤと小ネギで突っ走ります!
2021.05.08 21:01|日々のこと
先日注文したニューバランスのスニーカーが、ABCマートのオンラインストアから本日届きました。
連日立ったまま行う小ネギの皮むき作業で、足の疲労がにっちもさっちもいかなくなってきたためです。

アディダス、ナイキ、アシックスにミズノ、ニューバランスも含めて、スニーカーは一週間日替わり出来る位
持っているのですが、ソールの薄さやかかとのホールド感など、半日立って作業をするにはいずれも
やや頼りない感じでした。

そこで改めてインターネットで立ち仕事向きのスニーカーはないかと調べたところ、ニューバランスの
スニーカーは足が疲れないという絶賛の声が多数。まずは定番である574が良かろうという結論に至り、
正規代理店のABCマートに注文したのが3日前。Amazonのものは縫製が雑で偽物をつかまされることもあると聞き、
ABCマートにしました。通常24.5㎝ですが、アドバイスに従い0.5㎝大きいものを購入。色はニューバランスらしいグレー。

DSC04647.jpg DSC04646.jpg
中敷きも替えるとさらに履き心地アップ!とのことで、NB純正カップインソールRCP150をAmazonにてゲット。
NBのスニーカーは英国製とアメリカ製のものになると軽く3万円を超します。それくらいのグレードになると
ソールを交換できて末永く履くことができるそうです。

DSC04619.jpg
私の小ネギの皮むき作業用靴。左から、底冷えがする冬場に欠かせないハッシュパピーのボアブーツ。
ゴアテックス仕様で蒸れないところもポイントです。真ん中が履き古したNBのレザースニーカー。ソールのクッションが
すっかりへたってしまっています。右は2代目のリゲッタ。ヒールに程良い厚みと高さがあって足にとても優しいサンダルです。
ここに明日からNB574が加わります。
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nonogu

Author:nonogu
永香農園
福岡県福津市上西郷地区で農業をしています。夫婦二人にパートさん3人、後継者候補のアルバイト男性一人に研修生一人。主な栽培品目はアスパラ、ネギ、ホウレンソウ、ニンニク、里芋、落花生。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR